ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

「宝石ターコイズ」/用語説明/言葉の定義 1

ネイティブスピリットのグレード分けは厳しく
アメリカの一般市場で言われるハイグレードのほとんどは
ネイティブスピリットでのミドルグレード以下に相当する。
(ミドルグレードは悪いものじゃない)
その独自の厳しいグレード分けをはっきりさせるためには
「言葉の定義」をはっきりさせることが必要だ。

参考
グレードの話
スモーキービズビー/例
グレード/例・モレンシ
その他参考はカテゴリreference 参考グレード/ブログ内検索

2007年2月のランダーブルー/宝石グレードをはじめ
ことあるごとに触れてきた「宝石ターコイズ」という言い方と
それにまつわる用語から書いてみよう。

ものが売買される「市場」では
セールストーク=売り口上でいろんな言葉が語られる。
根拠をはっきりさせて基準を示さない限り
それらの表現は自由に使える便利なものだ。
曖昧な表現で購買欲をかきたてて
深追いされたら逃げればいい。
「使用者の感想であり、効能には個人差があります」
隅や小さい文字をよく読んだり、話しの細部までよく聞けば
しっかり免責がことわられてる。

ところが宝石ターコイズのコレクター市場となるとわけが違う。
沢山売って儲かるものじゃない。
売れば近い将来いつかなくなってしまう「希少」なもの
だから「宝石」なんである。
投資対象という認識もあって当然売らないほうが得ということになる。
コレクターは比較的「希少性の低いグレード」から順に小出しに市場に出す。
コレクター市場で珍しくないグレードが
一般市場で珍しい逸品と言われてもウソにはならない。

一般に見られることも稀で語られることも少ない
採掘されたターコイズの中で無添加処理無しで使える10%
その中でクラシック性を見せるハイグレードの1%ほどを
ジェム・ターコイズでもジェム・グレード・ターコイズでもなく
僕は「宝石ターコイズ」と呼ぶことにしてる。

「宝石」
質が高く見た目がいいこと。
相対的な意見で決まったそれぞれの基準を満たしてることを言う。
「個人の主観で綺麗なもの」というだけでなく
「複数のプロがグレーディングしたそれぞれの綺麗さ」を持つ。
あわせてそれはその石の全体量の中に
極僅かでしかない「希少性」も併せることになる。
「希少性」がないなら「宝石」ではなく「綺麗な石」と言えばいい。

「希少」=レア
誰の目から、市場のどの階層から見たかによって
これも基準が曖昧。
一般市場(サンタフェあたりのギフトショップ)では
スリーピングビューティや
安定加工済みチャイニーズで出来たものがほとんど。
ロイストンやパイロットのベーシック・グレード*でさえ
珍しいと言える。
コレクターの市場(高級ギャラリーから個人)では
ロイストンやパイロットは当たり前、
そのグレードもハイグレード以上になったり、
古い希少な石の宝石レベルが流通することがある。
また
数が少なくて人気が高いものは「レア」と言えるけど
数が少ないだけで単に「マイナー」なだけに留まる石もある
どちらも一般のセールストークでは「希少」と言われるだろう。
ネイティブスピリットでは言い分ける。

ジェム・クォリティ・ターコイズ
ジェム・グレード・ターコイズ
ミュージアム・クォリティ
アメリカの市場全体でいろいろな言葉が使われてる。
当然言葉もそのモノと併せて輸入されることになる。
冷静に見れば総て売るために語られる言葉
どれも曖昧極まりないことが多い。
日本でも「~系」っていう便利で曖昧な言葉があるのと同じだ。
直訳すると
ジェム・クォリティ   =宝石品質
ジェム・グレード    =宝石級
ミュージアム・クォリティ=博物館品質? 美術館品質?
定義をはっきりさせると使える言葉はかなり少なくなる。
定義がはっきりしてないからいくらでも使える。
「宝石」の定義の基準を上に書いたとおりにしたら
そんなに希少なものは滅多にないことになる。
ミュージアム~も、
博物館ってどこのどの程度のものを基準にして言ってるのか
博物館は「歴史」や「事実」を展示する場所で
高品質で希少かどうかは別、重要じゃない場合が多い。。
美術館は綺麗ならなんでもいい。
だから上に挙げた言葉は
「宝石っぽい」っていう言葉と同意と思ってかまわない。
このいい加減さを表現しないために
「宝石ターコイズ」と言い切ってる。
それだけ覚悟と自信を持てるものに使う言葉としてる。

値の張る本当に希少なものを売ろうとしてる人が言ったら
その表現は事実だし意味を成す。
そうでもないものを売ろうとしてる人が使っても「言うのは自由」。
市場には階層があるから
どこでどう使われるか階層によって意味も違ってくるんだけど
その階層の違いを知らないと
一般階層でのセールストークを鵜呑みにすることになる。

「クォリティ」=品質
鉱物の組成が良く、自然の中で硬く育っていれば高品質(採掘量の10%)
なんらかの安定加工が必要な「末成り」は低品質(採掘量の90%)
「グレード」=等級
高品質という条件をクリアした上で
見た目の良さを加えて等級分けをする。
無添加ターコイズ /用語説明/ 言葉の定義 2続く
グレード/例・モレンシ
f0072997_19415515.jpg

ビズビー/トップグレード チャングリシカワカンカスタムリング
横浜ハードウェアさん


参考;ターコイズの予備知識
グレードの話
スモーキービズビー/例
グレード/例・モレンシ
「宝石ターコイズ」/用語説明/言葉の定義 1
無添加ターコイズ /用語説明/ 言葉の定義 2
ハイグレード・ターコイズ/ネイティブスピリット/グレード+硬度
ターコイズの色と光
TURQUOISE by J.D.L./参考書籍
その他カテゴリreference 参考

all about Turquoise
ランダーブルー/宝石グレード/例
ランダーブルーが好き?/参考エピソード
真贋例/偽ランダーブルーの話
百聞は一見にしかず/見方
graded グレード分け

参考;
カテゴリについて
Report 滞在記
culture文化
episode エピソード
作品に関する参考;
作品販売店
introduction紹介
reference 参考
ブログ内検索
ターコイズグレード
ナンバーエイトビズビーランダーブルーローンマウンテン

by cwdye | 2009-10-17 19:46 | reference 参考
<< バーニーズ ニューヨーク  トップ10 /ジョーク >>