ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ターコイズ (ランダーブルー、「宝石」グレード)

偽物の多いターコイズは
極端にバリューの高い5大ターコイズに集中するわけだけど、
とりわけランダーブルーは価格が高いのも手伝って偽物が多い。
知識不足根拠のない信頼で偽物が出回ることは
他のターコイズと代わりはない。

ランダーブルーの場合
他の多くのターコイズと違って、
偽物になるものは他の鉱脈のもので、
ランダーブルー実物でのスタビライズ(安定加工)
もしくはエンハンスト(化学処理による安定加工)されたものはない。
安定加工済み安定加工不要
高級ナチュラル宝石と偽ることはまずない。
ただ単に多くのものが安易にチャイニーズマウンテンなどの
スパイダーウェブターコイズをランダーブルーと偽っている。
異様に見えたランダーブルーだといわれた石を追跡調査したところ
安定加工済みのナンバーエイトと判明したこともある。

またどちらかで、レッドマウンテンのハイグレードをランダーブルー
と言われて買った方がいて、見せて頂いたけど、
レッドマウンテンとしてグレードが良かったことと、
ランダーブルー実物の価格よりは安い価格で買われたということなので、
残念だけど、気持ち的な面以外では大きな損をしていないことになるのが
不幸中の幸いだろう。

「ランダーブルーは全てハイグレード」という人もいる。
ランダーブルーはその極端な希少性からそう解釈したい気持ちも
わからなくもないけど、実際にはグレードはあり、
ランダーブルーらしさが薄れて見えるものは評価を落とすことになる。
当然評価額も落ちることになるけど、それでも高価なのがランダーブルー
苦労して払う額になるわりに何の反応も得られないものになり得る。

文字通り現金な話になる。
90%の普通のターコイズは安定加工が必要。
無添加、加工無しで使える残りの10%をグレード分けすると
約1%がハイグレード以上になる。
ネイティブスピリットではそのハイグレードだけ
よく言われる「ジェム」でもなく 敢えて「宝石」と呼ぶ。
この「宝石」ということば、気にして欲しい。
「宝石」の定義の重要なものに「相対的な希少性」がある。
つまり相対的に他人が見ても「稀少な個体だ」と
「見てすぐにわかるもの」でないと、その金額に見合わないことになる。
その鉱脈の特徴を強く表せば表すほど、高評価を得て評価額も高くなる。
それは希少性とぴったりくっついて比例していて
しかも正比例じゃない。

デリケートな説明の時に「ジェム」という単語を使わないのは
「ジェムグレード」という言い方が簡単に使われがちだからだ。

ちょうどランダーブルーに関することで、
販売店から案内を求められて、答えたことをきっかけにして
せっかく書き出してはみたものの、やっぱり先が相当長くなりそうだから
中途半端だけど、続きはまたの機会があれば。

一応お断りしておくと、
ここで言う偽物のターコイズとは
「違う鉱脈のものを偽って」もしくは
「一般市場でいう安価な安定加工済みのナチュラル」
投資対象になり得る「安定加工不要の高品質のナチュラル」
「宝石」の価格で売られるモノのことだ。

僕が直にお客様に求められて話す内容も、
初対面の初日の入門編だけで軽く2時間はかかる。
しかも鉱脈についてとなればその内容は中、上級編に入ることだろう。
入門レベルでターコイズという石について
初級レベルでアメリカでのターコイズとインディアンジュエリー
中級レベルでターコイズの鉱脈、種類の話
上級レベルでターコイズの各鉱脈のグレードの話
順不同で前後織り交ぜながら話すことになるので、
お客様が買うのは3ヶ月、半年、1年先になることもざらだ。

世の中にあるターコイズの中のほんの1パーセントに満たないほどの
高級グレードの宝石ターコイズを扱っている。
当然、たくさん売るほどもないし、
すぐに買わずに時間をかけて楽しむことをお勧めする。
やっかいな世界のことだ、
見るだけで楽しむのもそれはそれでひとつだと思う。

f0072997_2133328.jpg
WORLD FAMOUS NATIVE SPIRIT
CLASSIC OLD BISBEE COLLECTION
Photo by Tokahe-Naji-Winn / Naoko Ogla (C)
2007年として公式ウェブサイトのギャラリーページに数枚の写真が揚がってる。
クラシックオールドビズビーは王道の見た目を持つビズビー

NATIVE SPIRIT+

参考;ターコイズの予備知識
グレードの話
スモーキービズビー/例
グレード/例・モレンシ
「宝石ターコイズ」/用語説明/言葉の定義 1
無添加ターコイズ /用語説明/ 言葉の定義 2
ハイグレード・ターコイズ/ネイティブスピリット/グレード+硬度
ターコイズの色と光
ターコイズの色と光 次世代
TURQUOISE by J.D.L./参考書籍
その他カテゴリreference 参考

ネイティブスピリットウェブギャラリー
all about Turquoise
ランダーブルー/宝石グレード/例
ランダーブルーが好き?/参考エピソード
真贋例/偽ランダーブルーの話
百聞は一見にしかず/見方
graded グレード分け

参考;
カテゴリについて
Report 滞在記
culture文化
episode エピソード
作品に関する参考;
作品販売店
introduction紹介
reference 参考

by cwdye | 2007-02-28 22:26 | reference 参考

Oh, shit !! / ジョーク

誰でも考えそうなくだらない話、
どこの国にも考える人はいるんだ。
shit ! じゃなくて
Schittさん御一家の家系のお話しだった。
失礼しました・・・・?

For some time many of us have wondered just
who is Jack Schitt?
We Find ourselves at a loss when someone says,
'You don't know Jack Schitt!'
Well, thanks to my genealogy efforts,
you can now respond in an intellectual way.
Jack Schitt is the only son of Awe Schitt.
Awe Schitt, the fertilizer magnate, married O. Schitt,
the owner of Needeep N. Schitt, Inc.
They had one son, Jack.

In turn, Jack Schitt married Noe Schitt.
The deeply religious couple produced six children:
Holie Schitt, Giva Schitt, Fulla Schitt, Bull
Schitt, and the twins Deep Schitt and Dip Schitt.
Against her parents' objections,
Deep Schitt married Dumb Schitt, a high school dropout.
After being married 15 years, Jack and Noe Schitt divorced.
Noe Schitt later married Ted Sherlock, and because her kids
were living with them, she wanted to keep her previous name.
She was then known as Noe Schitt Sherlock.
Meanwhile, Dip Schitt married Loda Schitt,
and they produced a son with
a rather nervous disposition named Chicken Schitt.
Two of the other six children, Fulla Schitt and Giva Schitt,
were inseparable throughout childhood and subsequently married
the Happens brothers in a dual ceremony.
The wedding announcement in the newspaper announced
the Schitt-Happens nuptials.
The Schitt-Happens children were Dawg, Byrd, And Horse.

Bull Schitt, the prodigal son, left home to tour the world.
He Recently returned from Italy with his new Italian bride, Pisa Schitt.
Now when someone says, 'You don't know Jack Schitt,'
you can correct them.

Sincerely,
Crock O. Schitt

勿論送り主は彼の有名なアーティスト。
by cwdye | 2007-02-26 09:26 | kill time 暇つぶし

road again

please click following link to see previously on this report
道程

road again
早朝の路面の凍結を避けるのに、急ぐことはないけど
前の晩に食べたFAJITAで腹が減らない。
ゆっくり荷物を準備して出かける。
f0072997_05378.jpg

雪の山地を抜けてインターステートI-10に向かう。
対向車も後続車もなく、急ぐ必要もなく、
雪景色を満喫しながら走る。
山地から降りると雪はなくなって、平原のような景色を抜け、
ジャンクションの町に来るとFMの音が元気を取り戻す。
インターステートに出て、スピードを上げる。
f0072997_0114295.jpg

余計なお世話だ・・・。

時間通り昼には街に着いた。
ブラザー達のいるモテルに着いて、挨拶を交わし、
エキジビジターとして登録、許可証を貰う。
f0072997_01546.jpg

なんてかっこいいんだ、まるでプロみたいだ。
バックステージもこれでOK
なわけもなく
これから約一週間ブラザーの仕事も手伝いながら
ショウとは関係なく来訪するコレクターたちと
商談したり、メヒコ食べたり
情報交換したり、メヒコ食べたり
毎日メヒコでパーティ、パーティ、パーティ。

ブースに使ってる二部屋を繋ぐドアとドアの間に
f0072997_020243.jpg

いつものパシフィコの王冠・・・・。
早くもパーティの痕跡、と思ったら
去年から掃除されてなかった。
by cwdye | 2007-02-21 00:39 | Report 滞在記

大滝

旧コラム エピソード7 
「地元」

f0072997_2343540.jpg

2006年 夏
ナヴァホの家族の家に里帰り中、再び訪れた大滝の写真だ。
異常気象と言われて久しく、乾ききった年が続いていたが、
ここ1・2年は雨も雪もあって、この年の夏は砂漠に緑が映えた。
この日、小雨がぱらついて寒い日だった。
by cwdye | 2007-02-18 23:11 | episode エピソード

道程

今年は雪が多かった。
アルバカーキまで積雪があって、2度都市機能が麻痺したという。
そこを出て、砂漠を抜け、インターステートを外れて、
山へ向かう。
前の項に揚げた写真の橋を越えて
f0072997_1264935.jpg
同じ型の橋をもうひとつ越えて
f0072997_128076.jpg
峠に深く入っていく。
すれ違う車もなく、横切る人は
f0072997_1285315.jpg
この人くらい。
2時間程で峠を越えて
f0072997_132026.jpg
サンタリタを横目に町に入る。
f0072997_1362620.jpg
かつて1874~75この場所にこんな小屋があって、
ビリーザキッドが母親と兄弟と供に暮らしたそうだ。
この町で一晩過ごして朝になってアリゾナへ向かう。
f0072997_145129.jpg
朝にはまた雪が積もっていて
f0072997_1494328.jpg
雪と霧のハイウエイを西に走り出す。

road againにつづく
by cwdye | 2007-02-17 01:52 | Report 滞在記

再始動

今日から再開します。
よろしくお願いします。

毎年、慌しい年末年始をが越えて、
なんとか片付けて渡米。
ネイティブスピリットの上半期はこの帰国後の再開から始まる感覚でいる。
これから8月の渡米まで上半期。
9月から1月までが下半期になるわけだ。

早々に予告だけしておくと、
夏はほぼ8月いっぱいの渡米になる。
これから、家族の都合もからんで
臨時休業の取りかたも従来と変る可能性がある。

大半の展示品は店に戻して並べた。
稀少なものに関しては写真をとっておこうということで、
一部は現在、トカヘがまだ撮影をしている。
いつもそうだが、帰国直後は来客も多く、これはというものから先になくなってしまう。
展示前に撮っておかないと残らない。
常連さんの中には、買っていただいてだいぶたってから里帰りさせてもらって借り受け
写真を撮らせてもらったものもある。
今回、宝石ターコイズだけでなく、スゴイモノが他にもあるから、
小出しにここでも紹介するかもしれない。
いずれにせよ撮影は午前中に終わって、
全ての展示品は今日から予定通り店頭に戻して公開する。

ところで、トカヘはポートレート中心のカメラマンだが、
宝飾品専門のカメラマンでも嫌うターコイズをかなり上手く撮る。
ところがそれは紙焼きのプリントで、雑誌の場合は印刷まで成功しないとならない。、
発光して表示しているモニターで色を現物に近づけるのはとても難しいようだ。
くどいほど言うように、現物を自然光で見ないと伝わらないことが多すぎる。
世界に誇れる、アメリカ本土でも店頭でほとんど見ることがないレベルの高さのものだから、
是非お時間を作って、現物をご覧頂きたい。

撮影、デザイン TOKAHE-NAJI-WINN (C)

参考;もちろんNATIVE SPIRIT TURQUOISE COLLECTIONで言う、
「NATURAL GEM TURQUOISE」はAuthentic(法律で定義された本物)で
加工処理の必要が無い「無添加で高品質の宝石」であることを意味する。
(通常は加工処理したものを天然石、NATURALと呼ぶことが許されている)
by cwdye | 2007-02-15 09:59 | News 告知

ニューメキシコからアリゾナに抜ける途中
ハイウェイを反れて山に向かう。
f0072997_1112863.jpg

この橋を越えてから、雪山のワインディングを2時間弱走って
サンタリタに立ち寄った。

何故かアメリカで橋に出くわすと写真をとってしまう。
珍しいというのもあるけど、
考えてみると、
映画のイメージがあるからだろうと思う。
境界的なものだったり、精神的なそれとしての象徴もあるだろう。
だから映画のシーンが印象的なんだと思う。
イージーライダーでも、バニシングポイントでも
橋のシーンはやたら焼きついてるし、
印象的に橋が出てくる映画は多い。

橋の写真でも集めるか、
橋の写真は・・・趣味?
とするとカテゴリはepisodeよりfavorite?
次に揚げるときはそうするよ。
by cwdye | 2007-02-14 01:33 | bridge over what

再開準備中

無事帰国。

面白い話はいくつもあって多すぎるし、
それは今後のネタにとっておいて小出しにする。

仕事の方は只今準備中である。
予定通り15日の木曜日から開けることにする。

何も書かないのもなんなので、
今回の成果の一部を書いておこう。
勿論稀少なものなので全て少量ずつだ。

オールド ローンマウンテン(TpGrd)ブレスレット
ティンバーライン クラスターブレスレット(男女ペア)
オールド ビズビー(クラシック) 各種
ナンバーエイト (ハイグレード) 各種

それと今回は女性向けを意識したものも集めて、
スラブさんの方に多めに展示して頂こうと思っている。

ランダーブルーも交渉中の物件が数点ある。
現在の相場で考えると割安なものもあるので興味がある方はお尋ね頂きたい。
ただモノのかさが張るので価格は大きいのと、用途に問題がある。

今回話題になった偽物、いくつもあったけど代表はレッドマウンテン 
すばらしいチャイニーズ、だったが恐らくエンハンスされたものだと思う。
持ち主は有名なストーンカッターで危険人物でもある。
今回、わが兄弟分のひとりが対決しに出かけたのは見物だったが、
相手がキレると弾が飛んでくることもあるので
遠くから見ていたい、なんて冗談言ってたけど
本当に心配してたんだ。
こう書くのはつまり、死傷者は出なかったってこと。
この話も機会があったら書こう。
f0072997_23102248.jpg

St.Rita mine / NM 移動中に立ち寄った
by cwdye | 2007-02-12 23:13 | Report 滞在記