ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2007年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ランダーブルーが好き? /ターコイズ

これは宝石ターコイズに関するエピソード程度の話で
明確に参考になる話じゃない。
イントロも本題も共に長くなるけれど、
ノートリートメントの宝石ターコイズというデリケートな物
中でもランダーブルーという希少種にまつわる話だから、
話が回り道しようが重複しようが丁寧に書きたいので悪しからず。

大雑把に言うしかない約6500万年以上の気の遠くなるような時間の結果、
僅かな人間の歴史で、人間が文明の建設と侵略を繰り返し、
そこら中に穴を掘って見つけ出した様々な鉱物のひとつターコイズ、
その中で現在スタビライズドもエンハンストもされる必要がない程に
硬化するまで育つことができて
ノートリートメントでカットするだけで綺麗な色を見せ、
更にその鉱脈の特徴のベストな見た目を備えたターコイズは
同じ名前の鉱脈のターコイズの中でもさらに数が少なくなると
前にも少し触れた。

なにしろ希少なものだから
アメリカで量を扱うターコイズの業者はまず取り扱えない。
収集家であって売買もするいわばプロのコレクターでないと
まず持っていることも、また流通させることすら見込めないと思ってもいい。
インターネットで情報を発信してる相手となると、また話はややこしくなる。
早い話、僕にとってはインターネットも使いものにならないという結論で
それも前に触れた。(インターネット上のターコイズに関しては別な機会に)
やっとの思いで
実物の上質なものを保有する収集家に会ってコレクションを
見せてもらっても、
それが売り物であることがまた少ない。
ところが日本には、それを売る人がいる。
グリーングラスさんとスカイストーンさんにはそんなターコイズがある。
もちろんネイティブスピリットにも。
うちにもなんて言っても、うちだけで
アメリカに20年通っても、一般の店頭で見ることはできない量がある。
それでプロのコレクターの端くれである僕にとっても
展示販売されている極上のターコイズを一度に多数見るには、
自分のところ以外、軽井沢しかない。
だから、できればせめて毎年、年に一回は行って、
見たいと思ってるけど、なかなか行く時間もとれない。
お互い立場が同じで、仕事にできないのが残念だ。
いつかいい物があれば僕自身も客になりたいとも思ってる。
いや、いままでいくつもいい物はあった。
でもそれらはまずお客さんのところへ行くべきものなんだ。
同業のプロとして、控えるべきだとも思うし、金額もかさばる。
でも、高くはないんだ。
値段がつけられて、売られていて、手に入れることができる、
それだけですごいことなんだ。
他人様の売り物だったとしてもいい物を見られただけで嬉しくなって、
お客様に勧めたくなる、そんな心境なんだな。

そんなわけでうちに来るお客様には、
ネイティブスピリットのターコイズコレクションを扱う他の販売店
例えば上野のスラブ・ネストさんなどに限らず、
グリーングラスさんやスカイストーンさんのターコイズも
一見の価値があることをお伝えする。
逆に他のお店からもネイティブスピリットを紹介いただけることもあって
本当にありがたい。

先日の軽井沢「出張」の時も
グリーングラスさんのターコイズコレクションを見せていただいて
楽しんできたわけだけど、
今回、スカイストーンさんでは
ほとんど挨拶するだけで終わってしまったのが惜しまれる。
3点見せてもらったものがあったんだけど
このたった3点がまた、いずれも唸らずにはいられない
素晴らしいランダーブルーだった。

「やっぱりランダーブルー好きなんだ」
小寺くんが肩越しに笑いながら言う。
ここしばらく毎回言われてるフレーズで、きっとネタと言ってもいい。
その度に、そういわれるとなんとなく悔しい気がして、
「そんなことないよ、他に好きなターコイズはある」
なんて抵抗してはみるものの、
次に見てため息つくのもまたランダーブルーだったり
それでまたも同じようにつっこまれる、と。
グリーングラスさんにしろ、スカイストーンさんにしろネイティブスピリットも
それぞれに様々なターコイズの高級な宝石グレードを持ってる。
ランダーブルーも苦労しながらも揃えている。
でも実はコレクターにとっては
簡単に言い切ることはできないけど
ランダーブルーよりも入手困難で腕の見せ所となる石があるはずだ。
ランダーブルーの希少性は明らかで、入手困難なことも明らか、
でも、実はお金では解決できない部分がターコイズの世界にはある。
まぁ、とにかく細かいことは直にお話しするとして。

今までは「ランダーブルー好きなんだ」って言われて
なんとなく悔しかったんだけど、
今回は
「もう否定しない、素直に認めるよ。やっぱりランダーブルーは好きだ」
と言葉通り素直に応えてきた。
残念ながらそれ以上時間がなくて
すぐに別れの挨拶になってしまったんだけど
実はこれには勿論、それ相応の訳がある。

ネイティブスピリットのサイトは
アメリカでも比較的見られているようで、海外からのアクセスも多い。
コレクターやアーティストがうちのサイトの写真を見るように
知人に紹介してくれたりもしてる。
サイトを見たコレクターが共通の友人を突き止めて
友人を介してメッセージをくれたり、直接メールをくれたりすることもある。
同時に実はサイトにある写真は偽物を販売する者を威圧する意味も、
求めるグレードを主張しているという意味もある。
そんな中、ターコイズコレクターでもある中西部の鉱物学者が友人を介して、
うちのサイトで見られるランダーブルーコレクションのひとつについて、
売るとしたら価格は? 尋ねてきた。
聞かれた現物については売る予定がなかったので
だいたいの参考価格だけ伝えた。
売り物でなくて申し訳なかったが、
鉱物学者でターコイズに興味があるとは心強いことこの上ない、
是非いつかお会いして話をしたいと伝えた。
その時、何故その鉱物学者がランダーブルーを好むかを伝えてくれた。
ランダーブルーには他のターコイズにない明確な特徴があるという。
ここでそれを明確には書かないが、
そのランダーブルーが持つ特徴とは、
ターコイズのみならず、総ての鉱物の中でも稀な
珍しい成分形成が見られるからということだった。

89年にターコイズコレクションを始めてから
96年頃までに僕の目は鍛えられて
その頃以来ランダーブルーとそっくりな
ローンマウンテンのタイトウェブも、レッドマウンテンのタイトウェブも
ランダーブルーと見間違えたことはない。
匂いのような違いを目で嗅ぎ取れる気がするんだ。
「気がする」としか言えないけれど、正解率は今のところ100%、
その目にはちょっと自信がある。
もしかしたらその鉱物学者の言うランダーブルーが含む
唯一無二の特徴的な形成物を目が嗅ぎ取ってるのかもしれない。
それ以来、やっぱりランダーブルーには魅力があることを
素直に認めることにしたんだ。
ランダーブルー ターコイズ コレクション(2003年頃)
撮影 Tokahe-Naji-Winn 小倉直子©
f0072997_301642.jpg

ランダーブルーは大好きな石だけど、
僕自身はビズビー・ガイだと思うよ。
ビズビーに自信がある。

ターコイズはトラブルだけど
本物に行き着ければものすごく楽しい。

参考;ターコイズの予備知識
グレードの話
スモーキービズビー/例
グレード/例・モレンシ
「宝石ターコイズ」/用語説明/言葉の定義 1
無添加ターコイズ /用語説明/ 言葉の定義 2
ハイグレード・ターコイズ/ネイティブスピリット/グレード+硬度
ターコイズの色と光
ターコイズの色と光 次世代
TURQUOISE by ジョーダンロウリー/参考書籍
その他カテゴリreference 参考

NATIVE SPIRIT+

all about Turquoise/ジョーダンロウリー
ランダーブルー/宝石グレード/例
ランダーブルーが好き?/参考エピソード
真贋例/偽ランダーブルーの話
百聞は一見にしかず/見方
graded グレード分け

参考;
カテゴリについて
Report 滞在記
culture文化
episode エピソード
作品に関する参考;
作品販売店
introduction紹介
reference 参考
ブログ内検索
ターコイズグレード
ナンバーエイトビズビーランダーブルーローンマウンテン

by cwdye | 2007-06-30 02:41 | reference 参考

忙しい

臨時休業のあと1日挟んでまた定休日だったけど
当然仕事がたまってて、
まさに右往左往って感じだった。
この忙しさは渡米まで続く、そういう時期だ。

次の出張の新幹線の切符をとった。
新幹線なんて25年振りくらいか、しかも東北は初めてだ。
ちょっと楽しみ。
この出張に関しては改めて書く。
by cwdye | 2007-06-28 03:34 | journal 記録 日記

音楽

前にインディアンの現代音楽
という短いコラムをネイティブスピリットの本サイトのメッセージページに書いた。
今回はというか今回もただ他愛ない僕の音楽の好みの話。
カナダのデイブで思い出したことだ。

僕はハードロック育ち。
初めて意識的にロックを聴いたのは1974年ころだっただろうか、
グランドファンクレイルロードやディープパープルに始まったけれど
80年代からのへヴィメタルには乗れなかった。
その後、バンド少年時代を過ごしていくうちに
何度か表現形態は変わったものの、
大方落ち着いた結論は「アメリカンロックが好き」ということだった。
そのはずだったんだけど、
好きなアーティストには
ラッシュ、二ール・ヤング、ザ・バンド、ジェームズ・テイラー、
バックマン・ターナー&O.D.なんて名前が挙がる。
最近ではニッケルバック、
アブリル・ラヴィーンなんて若い女の子も可愛い唄を唄ってる、
なんて思って気がつくとみんなカナダのアーティストだった。
そんなわけでアメリカンロックを好きといいながら
その大半が実はカナディアンロックだったということを
忘れていたことは秘密だ。
by cwdye | 2007-06-27 00:50 | favorite 趣味

軽井沢 / 出張

軽井沢のグリーングラスさんでは
ネイティブスピリットのサドルレザー作品を
扱っていただいている。
その御用聞きの件もあって軽井沢に出張してきた。
ちなみに同じく旧軽井沢銀座にあるCowboys & Indians, Route 66
グリーングラスさんの支店だ。

本当のことを言うと、仕事の御用聞きは後回しで
店頭で販売されているターコイズコレクションを
見せて頂く方が楽しみなんだ。
それとスタッフの方と話せるのも楽しみだ。
なにしろグリーングラスのオーナーの太田さんと言えば
70年代からの大先輩、その長い経験と人脈を生かした
コレクションの厚さには恐れ入る。
とうてい追いつくなどできるはずもなく、
ただただ目を楽しませて頂いてる。

毎回行けばへこむこともしばしば、
すばらしいターコイズがある。
今回もたくさんある上質なランダーブルーに驚いた、
特に一つあった大きなものには度肝を抜かれたと言ってもいい。
しかも、売ってるからすごい。
大きいものをお考えの方にはお勧めの逸品だ。
ところで、それより何よりうらやましかったのは
ナンバーエイトのブレスレットだ。
ナンバーエイトって石はグレードが広すぎるといえるほど
様々なナンバーエイトが出回る。
ところがかなりのコレクターしか扱えない、
コレクター市場でさえ流通がほとんどない
グレードのナンバーエイトが存在する。
大袈裟かといえば、大袈裟にも言いたくなる。
なにしろ数が少ないし、偽物が多い。
そのナンバーエイトに関しては恐らく過去の実績からいっても
グリーングラスさんがベストであることは間違いない。
もう世界一と言っていいのかもしれない。
そのグリーングラスさんだから、さすがだ。
その希少なナンバーエイトのトップグレードが売られてる。
グリーングラスさんのサイトでチェックできると思うけど、
実物のすごさは肉眼で現物を見てこそ。
僕が個人的に欲しかった。
誰も買わないで残るようなことがあったら
僕が買っちゃうかも知れないよ。
スタッフの方に見せていただきながら話を聞いて、
ちょっと興奮状態。
「まいったな、どうしようかな?」なんて
口をついて出る始末。
とにかく落ち着こうと思って仕事の話をして、
店を後にした。
残念ながらオーナーの太田さんとは外出中で話しができなかった。

その後スカイストーンさんにも寄ったけど残念ながら
時間がなくて急いで数点見せてもらっただけで、
店を後にしなきゃならなかった。
オーナーの小寺さんに
またも「やっぱりランダーブルーが好き?なんだ」って言われて、
今回は素直に認めて帰ってきた。
(これはネタにできるからまたいつか)
またしても唸らせられるようなランダーブルーの
コレクションを見せ付けられてしまった。
溜息、いやそれ以上だ。

まるで他人様の宣伝のようだけど、
僕が楽しんでるだけで、特にそういうつもりはない。
たとえ名前が同じターコイズで本物だったとしても
グレードの高いものは輪をかけて少ないんだ。
それを見ることができるのはそうあることじゃない。
僕はそれを、持ったりお客さんと分かち合う
喜びを共有したいだけなんだな。
それぞれに個性があって競争なんてあり得ない。
競争がまったくないわけじゃないだろうけど、
まさに切磋琢磨のいいライバルになりたい。
ただ少なくとも僕にとっては太刀打ちできる方々ではない。
それでもご紹介頂けるし、
お客さんが良い思いをして、
その笑顔を見ることができるなら、
どちらで買おうがかまわない。
是非、他で買われたらその物を自慢しに見せに来てほしい。
ターコイズを好きな者同士の楽しい話ができる。
それが真意だ。

だからついでに言っておくけど、
うちにも少しあるからね、一応・・・。
by cwdye | 2007-06-26 02:13 | introduction 紹介

カナダのデイブ

行ったことがないけど、
カナダにも数人友達がいる。
ラコタの家族でも姉が嫁いでる先がチペワだ

一時期日本にいた時に知り合って
帰国したカナダ人の友達が
フェイス・ブックっていうコミュニティからメッセージをくれた。
時々どうしてるか気になってたから、
元気なことがわかって嬉しい。
生まれも育ちもカルガリーの白人で、
温和で気が小さいやつなんだけど
生粋のアウトドアマン
カナダというワイルドな土地での
そのアウトドアの武勇伝には恐れ入る。
いろんなディスカッションをした相手で
短かった付き合いのわりにはかなり話をしてる。
意見も同じところがあって
そんな話も思い出しながら紹介していこうと思う。

「どこから来た?」
「カルガリーからだよ」
「カルガリーっていうと、一番近いインディアンリザベーションは?」
「ディネがいるね」
「ディネなのか、俺はアメリカのナバホに入れてもらったんだ。
ナバホっていうのはディネで、カナダにいるディネがもとなんだ」
「ナバホってディネだったのか」
初対面の会話はこんなことから始まったんだ。

デイブに誘われたままフェイス・ブックに登録して
こんな風にブログも始めたから見てくれってメッセージ返したけど、
日本語通じないし、読めないんだよな。
by cwdye | 2007-06-24 02:24 | column コラム

簡単なお知らせ

6月の臨時休業
21日(木)
24日(日)・25日(月)


携帯の利用
といえばプライベートのみ、
携帯の小さい画面でサイトを見ることもまずない。
最近は特に目にきててね。
天気予報だけは、ブックマークがつけてあった。
バイクに乗るからつけたんだけど
それすら忘れてた。

最近こうして休業の告知なんか出していて、
お客様に確認を促していながら
ふと携帯で確認できるのか、それすらも知らなかったから
携帯で繋いでみたけど、結構見れるものだった。
ネイティブスピリットのサイトもシンプルなせいか
わりと見易かった、と思う。
他を見てないから比べてないけどね。

ついでにこのブログには
携帯からも投稿できるようにしてみた。
キーボードじゃないから緊急時だけになるけど、
そんな時に告知が出せるなら便利なものかもしれない。

Hard Knock
21日(木)臨時休業中、製作作業をしに来た時
途中バーニングブラッドに寄り道して
スカルダグリーのスカルドサイクルズがリリースする
リジッド、スプリンガーで110ccのマイクロチョッパー 
ハードノックに試乗させてもらった。
小さい車体は110ccのエンジンで充分走る。
車重はなんと90kgたらずらしい。
結構ないい音がするのでオトナとしては
直管にサイレンサーが欲しい、
それで排圧がかかればもっとトルクが出て
もっと走り易くなるだろう。
何か抵抗になるものを詰めればいいだけだ。

LINKS
リンクを直に貼れずURLを記載していただけだが
貼れるようになったので、
過去のページにある大部分のURLをリンクに修正した。
これで見やすくなる。
f0072997_2114686.jpg

by cwdye | 2007-06-23 02:05 | journal 記録 日記

6月の臨時休業

あっという間に6月も月末近くになった。
お陰様で忙しくさせていただいている。
休業日程5月~9月 
「Schedules 日程」にある通り、

6月21日(木)・24日(日)・25日(月)
明日の定休に加えて仕込みのための臨時休業を頂く。
ほとんど仕事で詰めているが出たり入ったりと、作業中になるので閉めている。

7月の予定は
7月1日 ; 渡米前納期のオーダーの締め切り。

急遽イベントの話しが持ち上がり、
臨時休業日を振り替える可能性があるのでご注意頂きたい。

いつもお付き合い頂きありがとうございます。
by cwdye | 2007-06-19 22:54 | News 告知

ボウリングフォーコロンバイン

さんざん勧めているので
ほんの少しだけレヴューらしきものを書いてみようか
あとは買うなり借りるなりして
是非ゆっくりご覧いただきたい。
最初は僕もしばらく見ないまま放っておいて
近所のアイヌのアーティストであるアゲ君に
勧められて見たんだ。

映画とは言っても
ドキュメンタリーでマイケル・ムーア本人が
カメラを持って各方面に突撃取材する。
話はコロンバイン高校で起こった
2人の少年による銃乱射事件から始まる。

「銃が人を殺すのではなく人が銃で殺す」
これが昨日書いたNRAの言い分でもある。
銃が無い国からすると、
「無いから人が銃によって死ぬのも珍しい、
あるから銃で人が死ぬ」
と、簡単に言える。
ところが問題は複雑で、
そこだけではないことがわかる。
実は、NRAが言ってることは正しいとは思えないが
あながちまちがいではない。
ただしそれはカナダでの話しなんだな。
カナダにはアメリカとほぼ同じ数の銃器が登録されてる。
にも関わらず、銃犯罪は僅かで、
アメリカ程多数の銃器による死傷者が出ない。
何故、アメリカでは起きるのか、
そこに差別と格差社会の構図が見えてくる。

ボウリングフォーコロンバインの
ボウリングはまさにボールゲームのボウリングのこと。
銃を乱射した二人の少年は
ボウリングをしてから犯行に及んでる。
事件後、マスコミや社会は何故彼らが凶行に及んだか
原因を探ろうと必死だった。
そこで槍玉に上がったのが、
マリリン・マンソン、ロックアーティストだ。
僕も詳しくは知らないが、
見た限り彼は悪ではない。
悪を演じてそれを批判してる。
チャップリンがヒトラーのパロディを演じたのと同じだ。
彼そのものを悪と決め付け、彼の音楽が
少年2人を駆り立てたのだ、と
そう思って世間は納得したかった。
マリリン・マンソンは本当に悪いのか?
ボウリングしてたこととは関係ないのか?
というのが、この映画の皮肉な題名の理由だ。
関係ないよ、でもマリリンマンソンも関係ない。
映画の中ではマンソン本人がインタビューに答えて
至極当然な返答をしてる。
気持ち悪い容姿だけど、
往々にしてそういう人間は頭が良くてよくわかってる。
だから、とってもまともで筋が通ってる。

これは日本でもどこでも同じだと思う。
誰かが凶悪な事件を起こすと、
世間は納得する理由が欲しい。
おかしかった何かを見つけると、
そのせいにして安心できる気がする。
でも、それじゃあこれからも防ぐことはできない。
事の発端には、
「普通」と思い込みたい画一的な思考が
根付いていることがある。
いじめの問題も原因を同じくしてると思う。
正しいと思って生きてる人間が悪を作り出すのは
よくあることだと思う。

f0072997_0435430.jpg

ボウリングフォーコロンバイン BOX SETの箱ジャケ画像 アマゾンから拝借

この映画を見ると、
日本の今の内閣が、アメリカのような社会構造を
目指していることも見えてくるはずだ。
愛国、格差、軍備、どれもうまく絡んで
作用するようになるだろう。
作用し始めたら、今までの平和はなくなるし、
格差は一層広がることになるだろう。
by cwdye | 2007-06-18 00:45 | column コラム

hate guns 「バイソン狩り」編

previously on this story
バイソン狩り ;culture

そんなふうに、戸外のシェードの下のアトリエで
プレーリーウィンドに吹かれながら
ミラパシネの「バイソン狩り」の話を聞いていたとき、
その話の途中から
僕の背後の丘の下の方からずっと音が聞こえてたんだ。
「タンッ!」という小さな乾いた破裂音。
しばらく間をあけて不規則にその音は続いた。
バイソン狩りの話が続く中
いつのまにかその音が変わっていた。
「バーン!」
気になって一瞬ミラパシネの話をさえぎって聞いてみた。
「さっきから銃声聞こえてるよね、それも今、大きくなってる」
「ああ、さっきまで38口径だったけど、今聞こえてるのは44だな」
「誰か練習でもしてんの?」
「ありゃ隣のランチャーでプレーリードッグを撃ってるんだ」
「あー、そういうことね」

プレーリードッグを飼ってる方が読んだらなんとも
切ない話かもしれないけど、
なにしろ現地では害獣、それも人間のせいなんだけど
放っておいたらプレーリードッグに侵略されちまう。
「バイソン狩り」の話を聞きながら
プレーリードッグ狩りの音が聞こえててたんだな。

「でもさ、プレーリードッグなんか44マグナムで撃ったら
ミンチになるよね」

プレーリードッグを駆除するのは仕事だけど、
選んでる銃は完全に趣味だな。
あとは片付けるでもなく、
自然の中でカラスと鷹の餌になるだけで、
彼らにとっても食べやすく処理してもらえていいかもしれない。

「そうだな、でも奴はガンクラブだからな、
時々トゥルルッ(機銃の擬音)て音もする、
9mmまで持ち出すんだ。・・・奴はガンクラブだから」
そう言って、僕等は大笑いした。

僕の頭の中には
プレーリードッグに舐められて怒りに震えて
銃を大きくしていくランチャーの姿が
ワーナーのマンガになって浮かんできてた。
まるでバックスバニーじゃないか。

でもマンガじゃない。
f0072997_2544573.jpg

ガンクラブ;Gun Club 
NRA=National Rifle Association=全米ライフル協会の
メンバーということだと思って特に聞かなかった。
アメリカは
NRAがいる限り銃はなくならないし、戦争もやめない。

9mm;
サブマシンガンを省略して口径である「9mm」で総称する。

備考;
度々、お勧めしているマイケル・ムーアの映画
「ボウリングフォーコロンバイン」でNRAがよくわかる。
by cwdye | 2007-06-17 02:26 | episode エピソード

帰化種と生態系

昨日「プレーリードッグ」の項を書きながら
おぼろげに思い出していたんだけど、
プレーリードッグが病気を媒介する問題が発覚したと
前に聞いた覚えがあった。
そこで調べてみたら、
その問題で2003年以降輸入は禁止されるようになったらしい。
それ以後のプレーリードッグは国内繁殖によるものだそうだ。
ブリーダーの皆様と飼い主の皆様にはくれぐれも、
ご注意頂きたい。
でも無理だな、大抵のペットは帰化種になって、
生態系を壊してる。

ただこれ、悲観ばかりせずに現実的に見てみると
短いスパンで今の時点では確かに壊してるけど、
そのうちに、大繁殖して既存の生態系を圧迫した種が
自らの数に生息圏を奪われることで淘汰されて
バランスを引き戻されたころ
新しい生態系の形ができてるんだろうな。
動植物もグローバル化を求められてるってことか。
その過程も結果も相当に変わり果てた姿で、
美しく見えるか見えないか、好きか嫌いかは別として、
それが次世代の現実的な姿になるんだろう。
野生からはぐれた人間が始めたことでも、
やっぱり自然界の、宇宙の中でのこと、
摂理はすべてに繋がって、
作用していくのを見ることができるんだね。
今、僕らにできることは
美しい思い出を後世に伝えたいと思う欲求で、
せめてもの罪滅ぼしに行き過ぎないようにすることと、
常に彼ら自然界から学べることがあることを心にとめて、
行動を考える余裕のある生活を目指すことだ。

ただの日記のつもりの書き出しが、
話が大きくなったからコラムに入れておこう。
大きくなったわりには広がりは押さえたから、
このテーマもいくつか続けられそうだ。
f0072997_1473070.jpg

No Trick ! / 撮影 Tokahe-Naji-Winn 小倉直子©
by cwdye | 2007-06-16 01:49 | column コラム