ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

オーダー品 近況

新店舗の話はなくなってはいないが
身動きがとれなくなったまま、急ぐ話でもなくなったから
スロウダウンしてる。
もっとも、何もしなくても家賃は飛んでしまうから
そうそうゆっくりもしてられないけど、
今はオーダー品の追い込みもかけなきゃならない。

ワークベンチには続々と仕上がりつつあるオーダー品がまとまってる。
ランダーブルーにナンバーエイト、ビズビーにローンマウンテン
我ながら惚れ惚れするようなトップグレードの宝石ターコイズが
目白押しなんである。
もちろん石ものだけでなく、
シルバーのカスタムバックルやブレスレットも上がりつつある。
いくつかは送り出されているので、
もうすぐお客様の目にも触れるようになるはず。

スラブ/ネストさんのサイトには
ビズビーのボロタイ、リング、
ローンマウンテンのナゲットネックレスがアップされていた。

ハードウェアさんにはブルー/ブラックのナンバーエイトの
ブレスレットが紹介されている。
f0072997_2328035.jpg

by cwdye | 2007-10-29 23:17 | journal 記録 日記

the Wall 2

前回の the wall  に引き続き
今回もピンクフロイドの話じゃない。
ピンクフロイドファンの方には申し訳ない。

かと言って
壁塗りの話しでもない。

今度は本当に文字通りの「壁」にぶちあたったんだ。
オールドトレイルトレーディングの話しがいきなり頓挫した。
事情あって葉山氏が続けられなくなったため、
計画は宙に浮くことになる。
ふざけたこと言ってる場合じゃないんだけど、
とにかく出来ることをしなきゃならない。
とりあえずは
作業途中の内装を適当なところまで済ませて、
店ができる状態にまでは作り上げる。
それからのことは、
その間に考えよう。

そんなわけで、
新店舗との間を行ったり来たりしなきゃならないことも
多くなるだろう。
急な外出時には外出時の呼び出し専用の携帯電話
持って出るようにしている。
店の前に番号を貼り出しているから
手がふさがっていなければ5分で戻れる。

当面は本店のOPEN時間も変更しなきゃならなくなるかも知れない。
by cwdye | 2007-10-27 11:51 | journal 記録 日記

取材1件

昨日
ある雑誌編集部から取材申し込みがあって、
受けることにした。
早速今日が取材だ。

いつもなら気乗りしない雑誌取材、
つい偏屈になって出たがらなかったり、
出ても見せなかったりで
編集者さんを悩ませたりする。

今年は20年目に突入ということもあってか、
長い付き合いでいながら
オートバイ乗りとしては出たことがなかった
オートバイ雑誌のバイブスさんに
バイクといっしょの取材を解禁したり、
僕も緩くなった。
要するに歳をとったってことか? そういうことだな。
でもなんとなく年に5回以上は出たくないな。
なんていうかおくゆかしさが大事なわけだ。
わけわからん?

加えて、半年ごとに取材して頂いている
いつもの雑誌の取材も次号に控えている。
写真家としてのTOKAHEの出番でもある。
掲載誌は改めて紹介しよう。

現在、準備中で
被服関係に詳しい葉山氏がオペレートする予定の新店舗は
ネイティブスピリットのシグネイチャーストアとして
オールド・トレイル・トレーディング / OLD TRAIL TRADING
という、韻を踏んだ名前をつけてみた。
そっちは
床のフローリングが殆ど終わり、
これから造作に入っていくところだ。
取材には間に合わないが紹介はそちらになるだろう。
f0072997_1062555.jpg

重なったオーダーの消化と
新店舗オールドトレイルトレーディングを開店に漕ぎ着けたら
ただの倉庫のようになってる
ネイティブスピリット本店を片付ける
つもり。
いや、ほんとに。
by cwdye | 2007-10-26 09:55 | journal 記録 日記

フロア

朝一で床の作業が入ることになってたから
早めに行った。(葉山氏はいつも早く行ってる)
幸い水平が出てるということで
Pタイルを剥がして、上から合板を重ね貼り、
その上にフローリング。
他に床を汚す作業がまだあるから間を明けて、
今日は下地を貼るところまでということになってた。

Pタイルを剥がしたところで
Tokaheが下見に現れた。
ミラパシネの絵画作品を展示するのに、
どの程度の額装にするか、
現場を見に来た。

ネイティブスピリットは
昨日の臨時休業に続いて定休日だけど
オーダーを消化するために
工房の作業に戻った。
調子が上がったので、一旦作業を中止して
新店舗を見に行った。
床が出来始めて、こちらも先が見えてきた感がある。
作業途中の箇所もありながら、
なんだか60年代の建物を補修して使ってるようで、
いや、それが事実なんだけど、
なんだかそのままの風景もありに思えてきた。

一旦家に戻って
キミミラとワンブリを迎えに行って、
帰りに食事を済ませて、
もう一度アトリエに戻って作業を再開した。
今日は捗って多品種のオーダーが形になりはじめて、
やっと先が見えてきた感じだ。

少し気持ちが軽くなった。

f0072997_3945100.jpg

Changlishikawakan Custom Jewelry
w/ ランダーブルー クラシック
ordered by スラブ/ネストSLOB/NEST

by cwdye | 2007-10-25 03:06 | journal 記録 日記

10月の準備中 2

今日23日火曜日は水曜日の定休と併せて
10月の月末前、製作準備などのための臨時休業を頂きます。

8月の渡米中にオーダーして
10月初めに届く予定だったインディアンジュエリーは
押しているらしくまだ製作中と返信があった。
数種類の石で作風の違うものを
複数のアーティストに頼んでいるから
揃うには時間がかかる。
大部分できているとは言ってた。

それより問題は
ネイティブスピリットから販売店様への納品が
大幅に遅れていることと
当然、新店舗の内装を急がなきゃならないことだ。
だけど、ない袖は振れない、
材料がなければ作れない。
それでも出切る事から少しずつだけど
段取り前後させてでも確実にこなしてる。
今日の午前中にも材料が届くから、
中断していた作業を再開できる。
by cwdye | 2007-10-23 03:33 | journal 記録 日記

the Wall

残念ながらピンクフロイドの話じゃないよ。
ここでピンクフロイドじゃなくて残念だと思う方もいまいか?
ピンクフロイドが何か知らない方も多いかもしれない。
気になる人のために言っておくと
PINK FROYDってのは昔のバンドの名前だ。
the Wallはアルバムタイトルだ。
どうでもいいことで話しがそれたが本題もまだだ。

先日、ハードウェアさんとアーススピリットさんにご来訪頂き、
打ち合わせが重なった。
アーススピリットさんは新製品の企画打ち合わせ、
ハードウェアさんはターコイズのチョイス、と
濃い時間になった。
お二方同士も名刺交換されて、
これから横のつながりができるかも知れないと思うと
楽しくなりそうで嬉しい。
やっぱり欲しいのはインターネットのリンクより
実世界でのリンクだ。

で、ここからがthe Wall、壁の話題。
今日は午前中買出しに行って、
昼頃からネイティブスピリットのオープン時間まで
葉山氏の新店舗の壁塗りを少し手伝いに行った。
f0072997_12056100.jpg

壁を塗る葉山氏

安直なようだがサウスウエストのようなアドビ色の漆喰だ。
写真の色は乾く前だからだいぶ濃い。
素人だし少しは塗り易いかと緩く希釈しながら
充分に塗ったつもりだったんだけど、
夜、ネイティブスピリットを一旦閉めて新店舗に行ってみると
僕が手伝ったところだけ乾きも早く、見事に痩せて
段差が出たり下地が見えたり、
せっかくの手伝いを無駄にさせてしまった。
まさに壁、これだけのことなんだけどね。
素人だからこうして学習すると思うしかないな。

そういうわけで作業は遅れている。
あと2週間でなんとか
したい。
by cwdye | 2007-10-22 01:21 | journal 記録 日記

新店舗 準備

更新に少し日が開いた。

今の時勢に沢山の注文を頂けるのは
特別なことのように思えるし、
感謝いっぱいでそれに応えたいと思うせいで
一人のキャパを超えた仕事を請け、
沢山のオーダー品が遅々としてこなせていない間にも
更に新店舗の準備が重なってる。
いつもお待たせして申し訳ないと書いてるけど、
今から受けるオーダーは1ヶ月待ちから2ヶ月に伸びそうだ。

今のところ新店舗の件で実際に動いているのは
ビジネスパートナーになる葉山氏だ。
朝と夜中は僕も手伝えるけど
今実際にできることが、ない。
打ち合わせだの手続きのようなことだので
手伝ってはいるものの、
わずかな話しでも時間はとっちゃうもんだな。
臨時休業中も床と壁の材料を探しにいったんだけど
思うようには揃わなかった。
プロに頼む部分も実際には段取りがつかなくて、
予定を大幅に押してる。
なにしろ契約が決まってから急いでみても
あまりに無理がある予定ではある。
でも店舗っていうのはそういう進行をするもんだろう。
今日は葉山氏の知り合いの内装屋さんに
忙しい中時間を作って頂き、現状を見てもらって、
もてあましそうな部分を考慮したいくつかの見積もりをお願いした。

11月初めのオープンと言って、イメージしてたのは11月1日。
11月半ばまでかかるかな、なんて弱気なことは言わず、
遅れても5日!
強引に自分を追い込んでおかないと、なんて言って
僕の無謀な発言に振り回されるのは葉山氏、
申し訳ない。

店名も決めて早く発表したいところだ。
f0072997_2254152.jpg

少しだけ
ネイティブスピリットから出すものの一部を予告しておくと
今までネイティブスピリットでストックはしていても
展示せずに保管していたり、
数が少ないから集めて貯めていたりしたものを
公開する場所にもなる。
ナバホラグやラコタの鹿革ビーズ、
絵や彫刻の作品も若干展示できる。
by cwdye | 2007-10-20 02:21 | journal 記録 日記

準備中

10月15日(月)、16日(火)製作、準備等のための臨時休業頂きます。

実は今日新店舗の契約をした。
チャンスで書いたのは
このことだったんだ。
デニムについて書いたのも、
この前振りだ。
被服に強い友人の葉山氏との共同運営で
ウエスタンショップになる。
狙い目は本物になりすぎない本物のウエスタンといったところ。
もちろんネイティブスピリットの作品も
全種類置くし、
今までになかった展開も考えている。
現在のネイティブスピリットのある場所は
そのまま本部として機能は変わらない。

新店舗の店名はまだ決まっていないが
葉山氏の屋号とネイティブスピリットのダブルネームになる予定だ。
場所はまたも近所で中野通り。
これから内装工事に入って11月にオープンする予定だ。

そんなわけですることがいっぱいの今日この頃なんである。
f0072997_1431478.jpg

チャングリシカワカンカスタムジュエリー
真っ黒に見えるのは最高級グレードのクラシックランダーブルー
スラブ/ネストさんに納品した。
ちなみにクラシックっていうのは古いとかそういう意味じゃない
by cwdye | 2007-10-15 01:39 | News 告知

2度あることは

もちろん3度あって欲しくないよな。

3年前だったかの夏
サンタフェに滞在して、周辺で仕事をしてた時のある日。
サンタフェのダウンタウンの定宿を出て
アルバカーキに行くためにセリロスロードからI-25に入った。
ここ20年近くで交通量はぐんと増えて、
この高速の入り口は合流の交通量が多くなった。
とはいえ、その日の交通量は異常に多く、
時速75マイル(120km/h)の速度に加速して合流するも
すぐに速度を殺して繋がり始めた前の車の列についた。
丘を越えると見事に連なる大渋滞が次の丘の彼方まで連なってた。
事故かなにかあったんだろう。
まるでLAの渋滞のよう、
ニューメキシコでこれはなかなかあるもんじゃない。
しばらくのろのろと走ると車線規制、
ところがその先も渋滞はまだまだ続き
事故現場らしきものは視界に入らない。
しばらくすると、今度はdetour、迂回の看板、
その指示に従って渋滞する全車はI-25を降りて、
高速と平行して走る下道に移る。
次のランプも進入禁止、
下道を走ると平行する誰もいないハイウェイが見える。
そこに大型の作業車が数種類、
現場は反対車線だった。
脇や中央に寄せられた事故車が数台見えて
その先の中央分離帯がえぐれるようになって、
道路と合わせて広範囲に渡って焦げていた。
軽飛行機でも落ちたのかと思うような跡だったけど、
復旧作業でだいぶ片付けた後だったらしい。

アルバカーキで大事な仕事をいくつか済ませ、
帰りは夜になった。
子供たちが眠くなるころ暗いI-25をアルバカーキから
サンタフェに向かって走る。
事故の現場に近付くと速度規制がされてるだけで
作業車は残っているもの、ほとんど片付いてた。
そして、サンタフェに向かうセリロスロードに近付くと、
少し先で対向する反対車線が明るくなっている。
また事故だ。
反対車線のこっち側も速度規制でまた渋滞だ。
近付くと作業用のライトの逆光に巨大な影が見える。
くの字に曲がって一部が中央分離帯に落ちた
大型トレーラー、しかもタンカーだ。
あんなもんが目の前でジャックナイフになって道をふさがれたら・・・
恐ろしくてぞっとするね。
ただ夜で、しかも上り車線、
交通量が少ない側だったこともあってか、
巻き込まれた車は回避できたらしく
現場の荒れは大惨事に至ってはいないようだった。

行きも帰りも事故の跡に遭遇するとはね、
両方とも反対車線で。

翌日、新聞の一面を見て納得した。
行きに見た現場跡もタンカーの事故で
その焦げ跡だったんだ。
僕らが通る数時間前には30メートルの火柱を上げて炎上してたらしい。
大惨事だったようだけど、
大怪我した人が少なかったのが不幸中の幸い。

二つの事故が両方ともタンカーで、
しかも両方ともセリロスの近くで南側。
朝と夜、いずれもその時間交通量が少ない側で、
なんかある。
確かに今までもセリロスからI-25南に乗るときは毎回
合流の後続車に気をつけて、
一機に本線の速度に合うように充分に加速しつつ、
先にある大きなカーブを気にしながら、先行する車に速度をあわせる、
短い距離と時間で高速道路での気をつけなきゃいけないことを
全部要求されるようで
それを毎回しっかり認識しながら運転してきてる。
それを思えば、かなり危ない場所だ。
通る方ご注意あれ。

I-25; I=Inter State Highway 25号線
タンカー; タンクローリー
f0072997_365068.jpg

最近、hate gunsだの危険にまつわる話題が重なってる気がして
申し訳ないんで軽い写真を貼ってみようと思ったんだけど、
トラックで運ばれてる可愛らしい針金細工が
タンカー炎上の話しの後じゃ
黒焦げの動物にしか見えないね・・・。
by cwdye | 2007-10-11 02:54 | episode エピソード

何故かデニム

今回紹介するのは何故かデニム。

70年代ラングラーのデニムジャケット。
友人の葉山さんが持ってきて
思わず買うと言ってしまったんだ。
わけあって今そんなことしてる場合じゃないような気もするんだけど、
これ普通でかっこよかった。
この普通が今は少ない。
f0072997_10323037.jpg

僕の私物を紹介してどうするかって、
単なる私物じゃない
話しには続きがある。
(つづくって言ってずっと書いてない話も多いけど
これはわりと早めに続き書けるよ)
by cwdye | 2007-10-09 10:26 | introduction 紹介