ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フリーアンドイージー 11月号 / 2010 / 掲載誌

フリーアンドイージー 11月号
カリズマ服装術
前回ネイティブスピリットのターコイズコレクションとインタビューが
複数ページ掲載された2010年2月号と同じく
エリック クラプトン氏が表紙、アングルも似てて
ローバーがチャリに変わってるだけ。(チャリって言うな)
f0072997_18161779.jpg

今回のネイティブスピリットのキーワードは
妥協しないオトナにダイナミックなエレガントってとこか。
トカヘの写真も素晴らしいし
編集部がチョイスしたジュエリーも素晴らしく見せ方も興味深い。
是非ご覧になっていただきたい。
注記:
鉱脈名を間違えて掲載
したものがある、正しくはお問い合わせにて。

掲載したジュエリーで編集中に売約がついたものも数点含まれる。
過去の掲載誌(ブログ内検索)

29日(水/ギャラリー定休)納品送り出し開始
夏季長期渡米後 殺到した補充の発注を仕上げ続けて
まとめて納品の送り出しを開始した。
数日中に各地の販売店に届く予定。
30日(木)スラブ/ネストさん来訪で打ち合わせ予定。

問い合わせが多いドクターペッパーブラザーの著書Turquoise
送り出してる」という連絡の後まだ届いてない。
サインして世界に送る労力は相当なものだろう遅れても不思議はない。
ネイティブスピリットに入る初版コレクターズエディションは30冊の予定。
アマゾンで買えば安く買える。

by cwdye | 2010-09-29 19:00 | introduction 紹介

27日(月) 臨時休業・9月 2010

休日が続いたこの1週間を挟んだ2度の週末にも
多くのご来訪をいただいて楽しい時間を過ごせた。
噛み締めた有難さもあった。

9月27日(月) 臨時休業

続・進捗
各地の作品販売店様方から受けたオーダーの製作も進んで
ブレスレット、バックルの類をまとめて順調に仕上げてる。

予定していたご来訪ができなかったスラブ・ネストさんには
納品予定だった作品を送り出した。

夏季渡米でオーダーしてたジュエリーの1便が数日後に入荷予定。
by cwdye | 2010-09-26 19:31 | News 告知

作品画像 仕上がり進捗/9月 2010

前回、前々回ともカテゴリintroduction/紹介
ウェスウィリー アーティストショウ レポート
ウェスウィリー アーティスト紹介、と
来日したホットロッドブラザーのネタが続いてる。
この後作品紹介もする予定だけど
この辺で仕事の進捗状況と作品画像を紹介しておこう。

営業準備のための臨時休業9月21日(火)と定休日を充てて
夏季渡米から帰国して再開直後
販売店様方から殺到した補充のオーダーの製作に集中
月末までかかりそうだけど確実にこなしてはいる。
定番品セミオーダーの一部
f0072997_18262327.jpg

再開直後に直接ご来訪頂いた近隣の販売店
横浜ハードウェアさんはお持ち帰りのジュエリーをサイトで紹介
上野スラブ/ネストさんは24日(金)に再来訪される時に数点納品の予定。

7月に秋田からご来訪のお客様のカスタムオーダー
f0072997_1828758.jpg

相変わらずクラシックで高いグレードの50年代オールド

9月末日発売フリーアンドイージー11月号に掲載するジュエリーを
1週間前の水曜にトカヘのスタジオで撮影した。
ダイナミックでエレガントなイメージが伝わるんじゃないかと思う今回
編集も終わりに近づいて出来上がりが楽しみだ。

おまけ、青に黒い網が混んだ夢の八番も勿論1950年代
f0072997_18293213.jpg


問い合わせが多いブラザーの著書TURQUOISE(2010年10月1日発売)は
「送り出ししてる」だそうだ。
初回のコレクターズエディション、サインして世界に送る労力は相当だろう。

渡米中にアーティストにオーダーしたジュエリーも
近日到着予定のものがある。

by cwdye | 2010-09-22 18:50 | introduction 紹介

ウェス ウィリー the artist 紹介

ネイティブスピリットといえば
アーティストにこだわらないナバホのオールドスタイル専門。
それは変わらないけど
自力で来日してアーティストショウまで成功させたウェスウィリーに関しては
しばらくネタとして紹介しようと思う。
ネイティブスピリットとウェスの付き合いに軽く触れる。
作品画像を挙げるときに折に触れて詳しく書こう。


いつごろからだったか、10年以上の付き合いになる。
初めて見た彼のコンテンポラリージュエリーは、
オールドスタイルを中心にする僕のテイストには
常軌を逸して目に映った。
そのわりに何故か仲良くなって付き合いが続いて
2010年7月にはとうとう来日してアーティストショウ
するまでになった。
最初の僕の関心のなさから思うと感慨深いものがある。

コンテンポラリーのアーティストといえば言わずもがな
チャールズ・ロロマの名前が挙がる。
70年代中心に素晴らしい功績を数々残して
多くのジュエラーに影響を与えた偉大な人、だとは思うけど
僕が好きなのはただ一つのスタイルだけでほぼ関心ない。

ウェスも自他共に認めるロロマの影響を強く受けた一人で
作風はダイナミックさと時代の反映を加えてさらに派手。
そのウェスと僕の接点は?

このブログ上でホットロッドブラザーなんて称してるとおり
ホットなクルマが共通の話題、ではある。
でもそこは最重要じゃない。

大事な理由は、石だ。
そのダイナミックな作りに
とにかくいいクラシックハイグレードターコイズを惜しみなく使う。
年にいくつもあるコンペティションに出品して毎回必ず受賞する。
使い方はともかく僕はそのターコイズに惹かれた。
そこでそのターコイズを使ったオールドスタイルをオーダー、
新進気鋭のコンテンポラリー専門作家
平気でオールドスタイルを頼む僕の無神経
それにいやな顔をせず応えてくれたウェス
妙なコンビが出来上がった。
f0072997_15214822.jpg

2000年前半、
受賞を続けて取り沙汰されることが多くなると
トウキョウのネイティブスピリットで扱われてることも
事あるごとにアメリカのローカルアート誌で紹介された。
ミュージシャンで言うと
ビートルズが遠く離れた東洋の端 ファーイーストの
トウキョウ・ブドーカンでライブを成功させて以来、
「ファーイースト トウキョウでの成功」はステータスになった。
ウェスもその実績を作りたかったんだろう。
その努力と甲斐あって来日まで果たし確実に株を上げたウェスウィリー
最初は関心薄かった僕も今では彼のプロモーターを名乗りたい。
これまでもこれからも
ネイティブスピリットで扱う現行のコンテンポラリースタイルは
ウェスウィリーに任せるつもりだ。

だいぶ前にウェスが呟いた言葉がある。
「みんな仕事で通り過ぎて行くけどダイは人生のために居る
だから得るものが違うんだよ。」
600馬力のホットロッドで 呼べばどこにでも飛んでくる
ホットロッドブラザーのウェス ウィリーもまた
ネイティブスピリットの成り立ちを支えてくれてる大事なファミリーの一人だ。

つづく
ウェス・ウィリー作品紹介
ウェスウィリー アーティストショウ レポート
ウェスウィリー ショー2010 アルバム/NATIVE SPIRIT+
ウェスウィリー ショー2012 アルバム/NATIVE SPIRIT+


ターコイズの参考
グレードの話
スモーキービズビー/例
グレード/例・モレンシ
「宝石ターコイズ」/用語説明/言葉の定義 1
無添加ターコイズ /用語説明/ 言葉の定義 2
ハイグレード・ターコイズ/ネイティブスピリット/グレード+硬度
all about Turquoise

ランダーブルー/宝石グレード/例
ランダーブルーが好き?/参考エピソード
真贋例/偽ランダーブルーの話
百聞は一見にしかず/見方
by cwdye | 2010-09-19 20:24 | introduction 紹介

ウェス ウィリー ショウ 事後報告 7/18 2010

夏季長期渡米休業の1ヶ月前から
日本国内でギャラリーと工房を1ヶ月の間休止するために
オーダー品の製作、各地の作品販売店への納品、送り出し
ギャラリー内の展示品の片付けと倉庫への移動に追われる。
その多忙を極める中、渡米1週間前
ナバホの有名インディアンジュエリーアーティスト ウェス ウィリーが来日
7月18日、ネイティブスピリットでアーティストショウを開催
当日の夜ショウの成功だけお伝えした。


今回は渡米前に紹介できなかった
7月18日ウェスウィリーショウ当日の模様を紹介、
ウェスの作品と日本体験記は別な機会に紹介する。


Wes Willie Artist Show in NATIVE SPIRIT

狭いギャラリーでカップボードの前に鎮座
f0072997_11342940.jpg


渡米準備中の記事内でお見せしたプレビュウ画像
f0072997_11354720.jpg

参考で書いておくと価格は400000円あたりのものが多かった。
ウェスが持ちこんだものはショウ価格、ギャラリーが在庫してない分若干安い設定。


未カウントで多数の御来訪は20名くらい
f0072997_11362780.jpg

本格的な夏が始まったこの日
常時およそ15名様がウェスのジュエリーを囲んで
エアコンは効かずギャラリー内の空気も曇って見える。
学校が夏休みに入ったワンブリキミミラも撮影に来たトカヘについて来た。

御来訪者の真剣さが伝わる
f0072997_11373019.jpg

アクマの囁きが伝わってる人もthink very hard

真剣なお客様と身に付けたコレクションに感動してウェスも撮影。
f0072997_11391416.jpg


こんな画像を撮れる機会も少ない。
お客様方が腕に輝かせるエクストリームなジュエリーが一堂に会す。
f0072997_1140413.jpg


5年くらい前にリリースしたネイティブスピリットオリジナルTシャツに
サインしてもらったお客様。
f0072997_11405187.jpg


午後6時ショウを終えて静かな打ち上げ
タクシーで3分(徒歩15分)青梅街道東高円寺にある友人のバー
ドギーブギーで。
自由参加のお客様も隣のテーブルで美味しい食事をかこんだ。

この日、ウェス自身も初めての異国でのショウを楽しんだ。
ネイティブスピリットにある
アメリカでは見られないトップグレードのターコイズコレクションと
それを身につけてる若いお客様方とその趣味に対する真剣さに感激してた。
「ああいう若い(30、40代)購買層がアメリカにも必要だ」
アメリカはその社会構造から
富裕層の老人しか高級インディアンジュエリーを買う人はいない。


インディアンジュエリーが日本で人気とはいえ、
インディアンジュエリーアーティストの来日は稀だ。
かつて量産アーティストのゲーリー・リーブスも来日してたけど
ウェスは毎年賞を獲り続けてるトップクラスのコンテンポラリーアーティスト
ショウの成功には懐疑的だった。
結果お客様の活躍のおかげで成功
このショウの後の滞在も楽しんだウェスは
いつの日かの再来日をもくろんでる。
但し、次回は気温と湿度が下がる秋にするってさ。
渡米直前や直後でなければこっちも助かる。

スナップ撮影 Tokahe-Naji-Winn 小倉直子©

ウェスウィリー アーティスト紹介
ウェス・ウィリー作品紹介
ウェスウィリー ショー2010 アルバム/NATIVE SPIRIT+
ウェスウィリー ショー2012 アルバム/NATIVE SPIRIT+

参考;ターコイズの予備知識
グレードの話
スモーキービズビー/例
グレード/例・モレンシ
「宝石ターコイズ」/用語説明/言葉の定義 1
無添加ターコイズ /用語説明/ 言葉の定義 2
ハイグレード・ターコイズ/ネイティブスピリット/グレード+硬度
all about Turquoise
その他カテゴリreference 参考
参考;
カテゴリについて
Report 滞在記
culture文化
episode エピソード
作品に関する参考;
作品販売店
introduction紹介
reference 参考

by cwdye | 2010-09-15 12:15 | introduction 紹介

1週間経過 夏季渡米後2010年下半期

2010年夏季長期渡米から戻って
あわただしく1週間が過ぎた。
あわただしいのはもちろんいいことで、
多数ギャラリーにご来訪いただいた中にはいつも通り
ネイティブスピリット近隣の販売店
上野スラブ/ネストさんと横浜ハードウェアさんを含んで
多数の作品をお買い上げ、オーダーいただけた。
その他遠方の販売店様方からも
ファックスで補充の発注をいただけて、
オーダー品の仕上がりには早くも1ヶ月を要す勢いになってる。

そのあわただしさの中で相変わらず丁寧な紹介はできないけど
この夏に動いたものの画像をカテゴリintroduction/紹介に数枚
作品紹介/プレビューとしてあげておく。

今年の春過ぎてから製作が始まってた
フリーアンドイージー編集長の著作による「書籍」は
発売予定を延ばして内容を厚くしてる。
ネイティブスピリットも一言いただけたようだけど
さすがっていう一言に尽きる。
一流の服やモノが散りばめられた素晴らしい本だろうと思う。
そのフリーアンドイージーさんの月刊誌で
9月末発売号の企画が持ち込まれた。
これには少し軽いイメージで面白い紙面を期待する。

夏季長期渡米直前の7月17日に来日してアーティストショウをした
ウェスウィリーの作品も順調に出ていて
写真に収める前にお客様の手元に渡ったものも多い。
それらは追って写真を撮らせていただくとして、
せめて在庫してるウェスのコレクションを写真に収めて
アーティストショウの模様とともに改めて報告したいと思ってる。

貴金属材料等のコスト高騰から
20年余り続いた見積もりからの価格を見直して
2007年から段階的な価格改定を開始
その最終段階の価格に7月1日から移行させていただいた。
但し、発表は販売店への納品した品目順で
新しいカタログはおろか価格表すらも用意できてない有様。
渡米を挟んだからここに改めて告知させてたただく。
ご不便おかけして申し訳ない。
by cwdye | 2010-09-10 16:20 | journal 記録 日記

作品紹介(プレビュー) 夏2010 

夏季渡米長期休業直前の7月に来日して
ネイティブスピリットでアーティストショウを開催 成功させた
有名ジュエリー作家 ウェス ウィリーの作品群。
f0072997_15584745.jpg

アーティストショウの模様や個別の作品について
詳しくはウェスウィリーショウ事後報告で。

アメリカ滞在中に更新するカテゴリReport 滞米記の中で
軽く触れた2本のブレスレットを撮り直してもう一度。
f0072997_15592178.jpg

いいスモーキーは珍しい、黒い網も珍しいけど
これらも詳しくは別途。

渡米休業中に倉庫に引き揚げてあったジュエリーを
再開準備で改めて搬入 展示するときに
今まで展示してたギャラリーの真ん中のコレクションテーブルから
ショウケースに移動したチャングリシカワカンカスタムジュエリー
f0072997_1605828.jpg

面積は30カラット級だけどフラットだから節約できる。
製作したのは10年近く前。

たった画像3枚の紹介にとどまる今回はintroduction紹介プレビュー

by cwdye | 2010-09-10 16:08 | introduction 紹介

道行けば / the way to -2010夏

2010年 夏の滞米中、
日本に送る荷物を準備してて箱が足りなくなった。
プエブロの小さい郵便局で扱ってなかったから
隣町まで行かなきゃならない。
それなら近隣でも行ったことのない町に
行ってみようってことになった。
f0072997_825283.jpg

抜けるような空の下を西に向かっていくと
丘の向こうに見える風景が違うのがわかった。
これほど巨大なメサ(台地)が連なる地形は見たことがない。
今までに訪れたプエブロ族住むメサは
これほどの大きさじゃなかったし
この先にプエブロはない。
f0072997_833092.jpg

高速で急登坂のワインディングを走ると
f0072997_841335.jpg

道は崖っぷちをなぞるようにいくつもの谷を見下ろす。
f0072997_845063.jpg

雲が近くなる台地を登りきると
f0072997_865477.jpg

可愛らしい綺麗な町がある。

こんな美しい土地だったなんて想像もできなかった。
ここがロスアラモス
日本に落とした原爆を開発したマンハッタン計画の
核技術研究所がある。
f0072997_8132726.jpg

僕らは原爆を忘れない。
だから、こんなTシャツを作るこの町の人のことが心配だ。
余計なお世話だって言われるだろうけどね。

祈・平和
by cwdye | 2010-09-06 08:14 | scene 情景

2010年 下半期 長期日程

夏季渡米後 下半期 2010年9月~2011年1月 長期日程

9月2日(木) ギャラリー再オープン
夏季渡米後 下半期 展示公開再開

営業準備 臨時休業
9月 21日(火)、27日(月)
10月 12日(火)、21日(木)、22日(金)
11月  6日(土)、25日(木)、26日(金)
12月 28日(火)

年末年始休業
12月 30日(木)~1月7日(金)

*イベント、短期渡米等のため臨時休業の追加の可能性あり。

2011年冬季渡米日程
1月24日(月)渡米前下半期展示公開最終日
冬季渡米休業
1月25日(火)26日(水) 納品、展示品搬出 渡米準備休業
1月27日(木)出国
2月14日(月)帰国
15日(火)16日(水)展示品搬入 営業準備

2月17日(木)ギャラリー再オープン
2011年上半期展示公開再開
by cwdye | 2010-09-01 17:38 | Schedules 日程