ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

10月下旬 進捗 2010

先週までに夏季渡米からの帰国後にたまった定番品の納品はほぼ完了。
10月中旬の進捗から続くカスタムメードの製作に集中してる。

大きく叩き続けた後は小さく叩いて、また大きく叩いて仕上げていく。
ストイックな作業はまだしばらく続く。
作ってるのは口琴…じゃない。
f0072997_18154666.jpg

今月は久しぶりにカテゴリreference 参考
新しい解説ターコイズの色と光を加えることができた。
このブログのカテゴリculture文化episode エピソード
refernce 参考introduction紹介では
ただ書き連ねてるようでも、詳しく書きすぎないようにだの
意外と労力を使ってるもんだから、
これらを書いたあとはやった気になって更新が停滞するみたいだ。

そのrefernce 参考の力強い助っ人
Dr.ペッパーブラザー ジョーダンロウリーの著書TURQUOISE
500冊限定のコレクターズエディションが30冊入荷
10月23日(土)からギャラリーに並べることができて
既に5冊をお求めいただいて、僕も協力者としてサインした。
何度も書くけどコレクターズエディションは
スペシャルに高価だから
普通のを書店でオーダーすることをお勧めしてる。


ネイティブスピリット ターコイズコレクションを販売いただいてる
東京上野のスラブ/ネストさんが渡米から帰国
10月23日(土)から営業を再開してる。

発売中だったフリーアンドイージー11月号に続いて
次号フリーアンドイージー12月号
ランダーブルーとゴールドを組み合わせたペンダントのサンプルと
オーガナイザー(システム手帳)を掲載、紹介いただく。
オリジナル加工のサドルレザー作品 2点のプレゼントがある。

schedules 長期日程に臨時休業を追加して更新した。
by cwdye | 2010-10-25 18:28 | journal 記録 日記

TURQUOISE / ネイティブスピリット掲載書籍

予てからターコイズに関わる著作を手がけてきた
以前はドクターペッパーブラザーなんて仮名で紹介してきた
ジョーダンロウリーが13年かけた集大成
2年程前から具体化し始めて度々予告する度に出版が遅れた
TURQUOISE The World Story of a Fascinating Gemstone
2010年夏季渡米の最後にyou will see much about turquoise
著者であるジョーダン本人とじょーだんを交えて
ほんの少し内容の画像を公開しながら
2010年10月1日発売を予告できた。
著者本人のJDL自身、
自分の名前がjokeの日本語の発音と同じことはわかってる。
彼はターコイズ界の大御所、代表格の一人で
その名前は多く語られて利用されもする
僕は彼の友達でブラザー、ファミリーだから逆に伏せきた。

f0072997_9442585.jpg

このときyou will see much about turquoise
=「ターコイズの多くを知るだろう
ていう書き方をしたのは
著者であるジョー ダン ロウリー本人の口癖が
ターコイズを全て解かってるようなことを言う人間を信用するな
だから「本で解かることはない」っていう意味でseeを使った。
それでもこの本の情報量は断トツ、世界最強間違いない。

「小難しい論文調なんかwho care(ほっとけ、気にすんな)
全ての本文ページに1枚以上のカラー写真(昔の写真を除いて)
詩的な表現や興味深いエピソードを交えて
絵本みたいに楽しく読みやすい本にした」

と、著者であるジョー ダン ロウリー本人談。

この表紙の見開き画像は出版1年半前のサンプル
裏表紙に当たる左側の写真は別な写真に差し替えらてる。

f0072997_1526428.jpg

内容を大雑把に言うと「世界のターコイズの本」
宝石ターコイズの掲載は控え目に抑えられてる。
インディアンジュエリー専門の本でもないから
インディアンジュエリーは含まれるだけだ。
インディアンジュエリーのサンプルは多数掲載されてるけど
作例制作で直接関わったインディアンジュエリーアーティストは
ウェス ウィリーアリソン リーの二人だけ
ギャラリーの協力も限定された中
1970年代終わりごろから創業30年以上の老舗で先輩格
グリーングラスの太田さんと共に掲載されたことは光栄至極だ。
掲載されてるコレクションのうち2.5点は
ネイティブスピリット所有で展示してる。

チャプターは前書きに始まって
*ターコイズの品質
*世界のターコイズの歴史
*ターコイズの鉱物学
*採掘
*カッティング
*グレーディング
*イミテーション
*ターコイズの地理
と、それぞれに濃い内容で256ページ。
文字で書くと難しそうだけど上に書いた「本人談」のとおり
本文中全ページカラー写真入りのターコイズ図鑑だ。

発売日直前の9月末には
著者を囲むイベントやパーティで忙しかっただろう
予約していたコレクターズエディションは
20日程遅れて今週日本に到着
10月中旬の進捗で触れたように今週末10月23日(土)から
ギャラリーでお求めいただける。

今のところ扱いは500冊限定コレクターズエディションからの30冊のみ

コレクターズエディション
2010年10月1日を表す「10-1-10」という日付と
著者であるJ.D.LowryJ.P.Lowryのサイン
500冊限定の200番台/500の通し番号が入ったもの。
アメリカでの価格が表示されてる定価の1.7倍
本屋じゃないネイティブスピリットで輸入していくらになるんだ?
ていうわけで10月中旬の進捗で書いたように
どちらかの書店で通常版を取り寄せるほうが安い。

ハードカバーで320mm x 280mm 厚さ30mmの大判
重さは2kg弱あるかな。
ネイティブスピリットでは気の利いた袋がないから
お求めの方はしっかりした鞄を用意されたし。

書店WEB通販
Turquoise : The World Story of a Fascinating Gemstone

その後のジョーダンロウリー
友遠方より来るPt6 2017
友,遠方より来たる pt5 2016
友遠方より来たる pt.4 2015
友遠方より来たる pt.3 2014
友遠方より来たる pt.2 2013

ジョーダンロウリー ターコイズショー
TURQUOISE byジョーダンロウリー/NS掲載書籍/参考
all about Turquoise
ジョーダンロウリー ターコイズショーアルバム/NATIVE SPIRIT+
ジョーダンロウリー関連

by cwdye | 2010-10-22 15:52 | introduction 紹介

進捗 10月中旬/2010

前回のカテゴリ参考の記事ターコイズの色と光
使用した画像が四等分のサイズで小さすぎたと思ってたら
ご覧になったお客様からも指摘頂いて、
下の画像の通り用意しなおして入れ替えた。
いつも小さい画像にしてるけど今回は参考のために
クリックすると少し大きくなる。
f0072997_17242373.jpg

溜めてたツケが廻ってきた…いやいや単に製作の順番のハズ。
複数のお客様にお待ちいただいてる作品の製作に
多数ご来訪の間をぬってストイックに取り掛かってる。
f0072997_1724554.jpg

刃を入れるのは最低限、
鹿革の個体差の個性そのまま一頭分で作るオールドスタイル、
ディアスキン ビッグバッグ(ボウズの袈裟懸けバッグ)がたまに出来る。
お客様がお持ちになってたショルダーバッグと
ジェットヘルメットを入れてみてもまだ余裕。
スペアで作った分も早くも売約がついて
次のオーダーが入ったらまたお待ちいただくことになる。

f0072997_17252876.jpg

夏季渡米でオーダーしてきた作品の2件に次いで3件目も到着。
これで全て揃ったことになる今回のインディアンタイムは早かった。
オファーも続いてて検討中の物件もある。

多くの問い合わせといくらかの予約をいただいてるブラザーの著書
著者のサイン入り限定500冊のコレクターズエディション
その手のかかった準備作業を終え
一般の発売に遅れてやっと税関にたどり着いたけど
ブラザーJDLが納品書を同梱し忘れて通関できずに止まってる。
ファックスしてもらった納品書を送ったから週明けに通関して
問題なければ週末頃までには入荷できる見込み。
コレクターズエディションはそう銘打つ通り特殊だし
ネイティブスピリットは書店じゃないから高額になる、多分かなり。
アマゾンで普通のを買うと円高のせいでかなり安い。
でもアマゾンだと儲かる人があまりに少ないから
お互いを養いあうためにももう少し出して
どちらかの国内の書店にオーダーすればもっと日本経済に貢献できる

こんなこと書いた以上、と思い直して書き加えた。

広告と作品を多数掲載いただいて今月発売中の
フリーアンドイージー11月号に続いて
次の12月号はレザー特集があるらしく数点供出
プレゼントも用意した。

10月21日(木),22日(金)営業準備のため臨時休業
長期日程はカテゴリSchedules 日程
by cwdye | 2010-10-17 17:52 | journal 記録 日記

色と光 / ターコイズ / 参考

これまでのターコイズの予備知識に関する参考は以下の通り。
グレードの話
スモーキービズビー/例
グレード/例・モレンシ
「宝石ターコイズ」/用語説明/言葉の定義 1
無添加ターコイズ /用語説明/ 言葉の定義 2
ハイグレード・ターコイズ/ネイティブスピリット/グレード+硬度
all about Turquoise

ランダーブルー/宝石グレード/例
ランダーブルーが好き?/参考エピソード
真贋例/偽ランダーブルーの話
百聞は一見にしかず/見方
graded グレード分け

この20年の間に何十万カラットか想像できないほどのターコイズと
何トンもの採掘された原石を見て関わってきたおかげで
僕はターコイズをグレーディングすることが出来るから
以前アメリカ滞在中gradedでお見せしたように
カット後 市場に出る前のターコイズのグレード分けを任されることがある。
そこで今回はグレードに関わる色と光の重要性について少々
(詳しく書くために前後で内容が重複、乱文で申し訳ないけど
つめるほどの時間はかけられない、乞うご容赦)

ネイティブスピリットでは 予てから事あるごとに
「コンピュータ上の画像」や「印刷物での見た目」は鵜呑みにせず
「肉眼で実物を日中に見ること」を強くお勧めしてる。
妻で写真家のトカヘはターコイズを撮る技を習得してるし、
フリーアンドイージー誌は他と比べて格段に印刷がいいようで
かなり好ましい状態に再現できてはいる。
写真がヘタな僕も最近は選んだカメラが当たりだったお陰で
それなりに雰囲気のある写真をお見せできるようになった。
とはいえ雰囲気の再現に近づけた写真が撮れたとしても
そこはそれ「雰囲気」でしかなく
その心もとない「雰囲気」はそれを見るPCの各社のモニタで変わる。
僕の身近にある新旧各社5台のPCのモニターの見せる色は全部違う
新しめの1台は渡米中に携行して更新に使ってるやつだけど
高画質を謳う液晶がかえってひどくまやかしの色を見せるほどだ。
だから渡米中の更新でターコイズの画像をアップしてたとしても
写り具合の確認は出来ずにそのまま出してるのが現状だ。


僕等が見てる画像は
現物(グレードやバリエーションの個体差)
x撮影条件《自然光or人工光(蛍光灯各色or白熱灯各色)》
x《各社各種カメラ(アナログ<ネガorポジ>+スキャナーorデジタル)》
x媒体《各誌印刷or各社モニタ》
これだけの条件の違いというフィルターを通した結果だ。
f0072997_14353420.jpg

左から; 電球、昼白色蛍光灯、ハロゲン球+昼白色蛍光灯、PM1:00屋外日陰
ソニーサイバーショットDSC-H10 8.1mp マクロ設定、ストロボ不使用
撮影後画像を縮小、トリミングとコピーを2回ずつした。
これに皆様のご覧になってるモニタの個性が加わる。
サンプルのターコイズは
マトリクスターコイズとスパイダーウェブターコイズの2種類
それぞれのトップグレードから2バリエーション


肉眼で見る実物の宝石ターコイズ
ジュエリーと併せてそれ自体立体物なのは言うまでもなく
宝石ゆえの高いグレードの品質は表面から光を通して奥行きを見せる。
硬度が高く高品質で高グレードのものは
いくらか半透明になるため光の色の影響も受けることになる。
室内での電灯の光は自然光に程遠い人工の色だから
肉眼でも本当の色を見ることはできない。
だから日中の自然光が必要になる。
(スタビライズド,エンハンスト等の安定加工でも
透明度を人工的に再現できる個体はあるから要注意)


ネイティブスピリット独自の厳しいグレード分け
細かい評価基準を大きく分けて基本から順に挙げると
1、石としての硬度があること
2、色の質とその発色(見え方)
3、混じりこむ母石=マトリクスの量や状態が作る模様
4.それらのバランスが見せる「その鉱脈らしい見た目」つまり
その鉱脈の「王道の見た目」=「クラシック性」を醸しているか
という段階でグレーディングしていく。

3までクリアできた石はミドルグレード=上質、高品質なターコイズ
4をクリアできると最上級の個性を兼ね備えるハイグレード以上になる。

2番目に挙げた「」はその段階だけで完結せず
ハイグレード以上に分けられた中でも
その個体が持つ色のゆらぎによって
バリエーションとしてのカテゴリ分けを経て
相対的な量からハイグレード,トップグレードの中での段階に分ける。

ネイティブスピリットのグレード分け
個々のターコイズ鉱脈の採掘量全体から言うとおおかた
ハイグレード=1%、トップグレード=0.1%以下だから
ハイグレード以上の分類は重箱の隅を突付くような分け方になる。
このグレード内での段階はお客様には判別できないほど微妙な差異だ。
グレーディングの基礎段階から
ハイグレード以上を分類する最終段階まで一貫して
「色」は最重要な条件、基準のひとつだ。
「色」を見るには地球上で一番平均的な光=日中の自然光下。
*自然光も土地と季節によって違いがある。
*厳密にいうと直射ではなく間接光がいい。雲はいいフィルターになる。

よくある偽ランダーブルーの話を紹介したときにも
40ctsのランダーブルーと言われた石を
室内の電灯の光では細かいところまで見えないから
一晩預かって翌日自然光の下で見てから返したくだりがある。

ギャラリーもその雰囲気を作るためにスポットライトを多様する。
結論から言うと自然光を再現できる人工灯は無い。
電球の下で見るターコイズはその電球の種類にもよるけど
おおかたの電球が持つ黄色味が青に緑味を帯びさせて見せてる。
昼白色の蛍光灯も緑の波長を含むようでいくらかましなだけだ。
具体的に書くと、
ケース内側の照明には黄色味を減らした昼白色の電球、
スポットライトに黄色味を抑えたハロゲン(わずかに抑えた程度)
電球で明るくしようとするとどうしても黄色味が増すから
素直に一部に昼白色の蛍光灯を使ってる。
(LEDの照明も出始めたけど今のところまだ使えそうにない)
入り口の窓から入るわずかな外からの自然光がなくなる時間には
これらの人工の光に完全に頼るわけで
ターコイズの色を見極めることはお勧めできなくなる。

重ねて「日中の自然光は絶対必要条件」て書いてるけど
今年2010年夏の猛暑の炎天下では太陽光が強く黄色味がかって
ニュートラルとは言えない色だった。
そこでさらに細かく贅沢なことを言えば
「薄曇りの日」か「乾燥した冬の日差し」がベストだけど
そこまで贅沢言うと見れる時間が限られすぎるから
「日中の自然光」ってことで良しとしておこう。

何度もギャラリーに来訪いただいて
既にいくつかの宝石ターコイズを所有してる方は
様々な条件下でのターコイズの見え方の違いを体験して覚えて
「割り引いて見る」ことができるようになってくるけど
初めて選ぼうとするお客様には夜はお勧めしない。

上級者になればPCのモニターで見る画像からも「割り引いて」
実物を想像することもできるようになるかもしれないけど
これには先に書いたように撮影条件やモニターの違いもあるから
当たり外れの差が大きくなる可能性が高い。

ただし
ネイティブスピリットのターコイズ コレクションは
世界に名だたる名品だから(言い切るよ)
画像より実物の方がすごいばかりで劣ることはない。
少ないインフォメーションで選んでも間違いないものなんだけどね。
お任せの依頼があれば
僕が選んで差し上げることもある。

リンク追記
ターコイズの色と光 ネクストジェネレーションにつづく

地方のお客様で現物を見たい方はご相談いただければ
取り扱い販売店を通して対応できる。

参考;
カテゴリについて
Report 滞在記
culture文化
episode エピソード
作品に関する参考;
作品販売店
introduction紹介
reference 参考
ブログ内検索
ターコイズグレード
ナンバーエイトビズビーランダーブルーローンマウンテン

by cwdye | 2010-10-11 15:34 | reference 参考

ハウディ、相棒 !  カウボーイジョーク

Three cowboys were hanging out in the bunkhouse.
"I know that smart aleck Tex," said the first.
"He's going to start bragging about
that new foreign car he bought as soon as he gets back."
"Not Tex," the second cowboy replied.
"He'll always be just a good ol' boy. When he walks in,
I'm sure all he'll say is hello."
"I know Tex better than either of you," said the third.
"He's so smart, he'll figure out a way to do both.
Here he comes now."
Tex swung open the bunkhouse door and shouted,
"Audi, partners!"

3人のカウボーイがバーでだべってた。
「ヤツは自惚れのテキサス野郎だぜ」一人が言う。
「戻って来たらすぐに新しく買った外車の自慢を始めるはずさ」
「んにゃ、やつはテキサス野郎じゃねえ」2番目のカウボーイが返す。
「会うたびに"こんにちは"って言う、ただ気さくな南部人さ」
すると3人目のカウボーイが言う
「俺はおまえらよりテキサス野郎のことわかってる
ヤツは賢くてその両方を使い分けてんのさ、ほらヤツが来たぜ」
スイングドアを開けてテキサス野郎が入ってきて叫んだ
アウディ、相棒!」


どの州にも歴史とその個性があるけどテキサスのそれは突出してる。
そのイメージは前にもコテコテの~で書いたし、
そのせいでテキサス人はテックスとかテキサンって呼ばれて
良くも悪くもアメリカのその部分を表すに欠かせない存在だから
カウボーイテキサス人みたいにジョークの中でおいしいネタにされる。

つまらない駄洒落で終わらせないように深読みしてみよう。

テックスのカウボーイらしい挨拶が
「Howdy, partners ! (ハウディ、相棒!)」
話してた3人のところにやってきたのは
その挨拶が「アウディ」に聞こえる発音もだらしないヤツ。
このつまらない駄洒落が表してるのは
自惚れ屋のテックスでも、気さくな南部人でもなく、
時と場所をわきまえた賢いヤツでもなく
テックスが絶対買いそうにない欧州車のアウディに手を出した
挨拶も発音できない、テックスを超越したヤツだったってわけで
先にわかった風に話してた3人も
まったく人を見る目がない3バカトリオのカウボーイだった…と。

ついでに言っとくと
テックスなら乗るクルマはフォードピックアップトラックで決まりだ。
次が間を空けてダッジ ラムでシボレーは後回し、になる。
そのリアウィンドウにローンスター(一つ星マーク)
NFLダラスカーボーイズのファンを主張する。
銃をかけるガンラックなんかもついてたら完璧だな。

乗用車ならキャデラックのエルドラド、だったけど
最近のキャデラックのデザインはテキサンに似合わない気がする。
洗練されすぎ…だ。

インディアンジョーク、アメリカンジョークの紹介は
カテゴリkill time 暇つぶし
by cwdye | 2010-10-07 19:31 | kill time 暇つぶし

10月の日程 /2010

10月の営業準備 臨時休業
12日(火)、21日(木)、22日(金)

月毎の日程はカテゴリNews 告知
半期毎の日程はSchedules 日程


アンイーブンでも極上
f0072997_1663622.jpg

発売日前日にお知らせしたフリーアンドイージー11月号
発売中になって表紙画像を追加した。
ジュエリーの情報を間違えて掲載したから
問い合わせごとにギャラリーで訂正してる。

夏季渡米中にオーダーしてたジュエリーの一部が入荷。
90年代を思い出す今となっては懐かしいスタイル
これから少しずつ復活させていこうと思う。

しばらくギャラリーコレクションとして集めてる故J.P.の作品も入荷予定。

2回続けて送り出し中の返信が来たままの
Dr.ペッパーブラザー ジョーダンロウリーの著書TURQUOISE
初版コレクターズエディションは発売日の10月1日に間に合わず
未だに届く気配がない。
書いたら終わり、じゃない、著者は忙しい。
普通版を書籍販売サイトで買えば早くて安い。
コレクターズエディションはネイティブスピリットに30冊入荷予定
ご予約いただいてる方々にはお待ち頂いてる。

ワールドフォトプレス編集で2009年末にリリースした
「インディアンジュエリーと大地のカレンダー 2010」
各月ごとにスポンサーの広告が入るため無料配布してた。
今月10月がネイティブスピリット
サウスダコタでトカヘが撮影したバファローのオリジナル写真を使用
オールドビズビー、オールドローンマウンテン、ランダーブルーの
エクストリームなコレクションが並ぶ。
そのカレンダーも年末まで残すところあと3ヶ月
11月のデュークさんを挟んで、
12月にネイティブスピリット販売店歴20年以上のスラブ・ネストさんと
インディアンジュエリー専門の老舗が続く。
余ってた残りのカレンダーを12月に控えるスラブ・ネストさんに譲った。

スラブ・ネストさんはこの10月に渡米休業がある。
by cwdye | 2010-10-04 16:13 | News 告知