ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

渡米後納品

前回の更新に引き続いて
各地の販売店様方から定番品の補充の発注をいただきながら
ギャラリーで遠方からを含む多くのご来訪をお迎えした中、
上野のスラブ・ネストさん、横浜のハードウェアさんと
リテイルカスタマー様も迎えて
補充とカスタムメードの発注をいただいた。
渡米前に残した仕事に定番品の補充と
カスタムメードを合わせて3月の製作予定は埋まった。
奇跡的とまで言えるほど珍しく素晴らしい石を含む
チャングリシカワカンカスタムジュエリーを納品する予定。

2010年 7月1日から移行させていただいてる
予定してた最終改定価格はまとめたプライスリストもなく
納品時、販売時の発表になっていた。
当然要望も多かったわけだけど
2004年のカタログに対応させて
なんとかメモ程度に羅列したプライスリストを用意、
これから順次販売店様向けに送付差し上げる。
一般にお見せできる体裁の整ったものは作れてないから
直接のお客様は品目別にお問い合わせいただきたい。

数キロ分のシルバー部材
f0072997_18295347.jpg

ブレスレットやバックルには相当の重さのシルバーを使う。
こんな風に一度に多数仕入れることも珍しいから
写真に撮ってみた。
2007年から段階的な価格改定をさせていただいて
新仕様も含めて最終段階に来たわけだけど、
材料の値上がりは止まってくれない。
それでも今回の新価格で耐えられるだけ耐えてみる。
by cwdye | 2011-02-27 18:30 | journal 記録 日記

フレームド

先週冬季渡米から帰国して予定通りギャラリーを再開
1週間が経とうとしてる。
再開以来先週末にかけて近県からを含む多くのご来訪をいただいてる。
地方の販売店様からも補充の発注をいただいたり
取材の申し込みもあって すぐに用意に忙しくなりそうだ。
しかも毎年この時期は確定申告なんてのも控えてるわけで
息つく暇がないのも恒例ではある。
それでもお客様の好反応に助けられて
楽しいことこそあれ苦にはならない。

framed
f0072997_1614138.jpg

なんとなく重い腰を上げてラグを額装してみた。
ていうことはまずこれらからFSになる。
L.B. the weaver from Chinle, Navajo Nation
by cwdye | 2011-02-22 16:05 | introduction 紹介

ギャラリーオープン 展示公開再開

2月17日(木) ギャラリー再開

新年直後の冬季渡米から帰国して
夏季渡米までの上半期が本格的に始動する。

留守中にギャラリーから撤収しておいた展示品を戻して
簡単に体裁を整えてギャラリー再開の準備を終えた。
終えたといっても完璧じゃないから御来訪を迎えながら
追々整理していく。
御希望のものを出し忘れてる可能性もあるから
希望のものが見当たらない時は聞いてみて欲しい。
f0072997_114016.jpg

what I got (成果)の実物をご覧になれる。
お楽しみに

上半期の長期日程Schedules 日程ははっきりしたらすぐに更新する。

各地のネイティブスピリット作品取扱店Retail Shop 販売店
臨時休業予定は本ブログ画面右の案内でお知らせ。
その都度の臨時休業告知はカテゴリーNews 告知
半期ごとの長期営業予定はカテゴリーSchedules 日程
by cwdye | 2011-02-17 01:02 | News 告知

what I got / pt.3 / Feb 2011

今回最後の4日間余裕を持たせたお陰で思いがけない成果が上がった。
前回のwhat I got pt2に画像追加して加筆するつもりだったけど
予定より画像を増やして時間の余裕を生かして更新することにした。

at first
f0072997_15315325.jpg

と一応話しを逸らせるのがお約束。
これでボラタイが作れる。
僕が編んだらその分高くなるからね。ご要望があれば編ませていただきますとも。

ビズビーがまた少し。
f0072997_15324126.jpg

意外とお求めやすくなると思うし
f0072997_15333210.jpg

一部は読者プレゼントにするかもしれない。

f0072997_15342098.jpg

ホットロッドブラザーのウェスウィリーが来て
f0072997_15351140.jpg

本当に仕上げてきたよ…。
トゥーファーキャストの取り方で表情を変えてる話を聞いてなるほど納得。
今回使用のターコイズは安いランダー以外すべてオールドキャンデラリア。
(サンゴを使ったリングはお客様から預かった修理品でバーナム)

なんでこんなとんでもないものが?
f0072997_1536368.jpg

チャンスだったもんだから・・・やっちまった・・・。
何しろ巨匠の作品、滅多にあるもんじゃないし高額だから
これには多少の無理した。
多分商品になって売れることはなさそうだけど。
ベルトが約2センチだから大判でヘビー級の逸品だ。

これから帰路につく。
帰国してからの準備休業で
撤収しておいたジュエリーを搬入してディスプレイ
冬季渡米帰国後から夏季渡米までの上半期は
2月17日(木)PM2:00からスタートする。
次の更新はオープン前の告知になると思う。

最後におまけ
guess what ?  なんて言っても
f0072997_15373629.jpg

モザイク入れてちゃわかるわけないか
でも僕を知ってるお客様なら想像はつくだろうね。
もうひとつ
書籍TURQUOISEの著者でドクターペッパーブラザーの
ジョー・ダン・ロウリーが今年の11月に来日して
ネイティブスピリットでサイン会
持って来るターコイズでオーダーを受け付ける。
オーダーするジュエラーは
ネイティブスピリットで取り扱いのアーティストになる。
まずは前振り程度のお知らせ。

サイン会があってもコレクターズエディションの価値は落ちたりしない。
コレクターズエディションを持ってる方はプラスアルファ
通常版を買った方は普通にサインが入ることになる。
初回500冊通し番号入りのコレクターズエディションは
ネイティブスピリットで取り扱い中、すごく割高で16k円もする。

by cwdye | 2011-02-12 15:50 | Report 滞在記

what I got / pt.2 / Feb.2011

滞米中の仕事の成果を報告してるタイトル"what I got"、
前回のwhat I got / Feb.2011を書いてる最中にも
ポケットにつっこんだまま忘れてたリングがあった。
f0072997_2214784.jpg

クラシックだし一つはでかいし忘れちゃいけないシロモノだ。

で、また最初から話が逸れる予告だけど「痛風」と「スーパーボウル」

時々誰かがなってる足の病気ガウ…病名の英語はわかんないよ。
原因から聞くとイイモノの食い過ぎ? じゃ痛風で決まりだな。
てわけで痛風で辞書をみればビンゴ、goutだそうだ。
アメリカの食生活ならすぐにでもガウになれそうなのは
日本人からして簡単に想像できる。
一昨年はポール、今年はジムとクリスが足を引きずりながら
できるだけ行儀よく節制を心がけてた。
ところで(どこのところで)
今年のスーパーボウルのハーフタイムショウも豪華だったね。
ギタリストのスラッシュ、ソウルのアッシャーを迎えた
メインアクトのブラックアイドピーズはパーティに相応しい去年の全米No.1ヒット
I've got a feelingを中心にヒット曲をメドレーでアレンジ
僕に去年の冬季渡米を思い出させてくれた。
だから今年のジムは節制して去年みたいに酷くはなかったわけ。
で、その歌詞にあるlet's do it againにならないようにして
今回の旅も前半までは順調だったんだよ。(ほらここで繋がった)
コレクターのギャラリーを覗いたときに好きだったラグが
ほんの少し前に売れたそうで惜しくも諦めがつけられた。
逃がした魚はでかいけどこれでやっちまわずに済む。
でも今回の旅が後半にさしかかったところで思わぬ伏兵が(大袈裟)
f0072997_2271183.jpg

しかもこんなに、結局またやっちまった
f0072997_2284514.jpg

素晴らしいラグをランダムに重ねた夢みたいな画像が撮れたのは
f0072997_230939.jpg

このラグ達がミニチュアでこんなに小さいからさ。
だから大袈裟に言ってみただけで今回こそ大したやっちまったじゃない。
そういうの五十歩百歩って言うんだよ」好きだねこの言い方。
そのまま通り過ぎそうになったところで
大きさの比較に乗せて撮ったブレスレットを見逃しちゃいけない。
インクレデブルな巨匠の作品で特に石には拘らない人だけど
これらは偶然良い石が載ってる。
僕の顔を見たら思い出したように作りかけを最後の石留めして仕上げてくれた。
いつも画像が小さいから今回は特別にピックアップして
f0072997_2313533.jpg

ほらね小さくても青黒八番、小さいから狙い目とも言える。

量産品の中では堅実なクラフトマンのゲーリーRの作品も
f0072997_2355989.jpg

安価で上質なフーベイが載ってたのを読者プレゼント用に調達。
give awayとしては上質で豪華だと思うよ。

宝石ターコイズ入門にもってこいになるオーダーもいくつか
f0072997_2411567.jpg

クラシックの目ん玉がトップでこんなに。

これは長時間かけたお客様のチョイスでブレスレットをオーダー
f0072997_2424065.jpg

クラシックのトップでマッチングに1年以上かけたんじゃないかな。
インディアンジュエリーのオーダー品は2~3カ月で仕上がり、入荷予定。

問い合わせ、ご要望が多いランダーブルーは
チャングリシカワカン作品での人気が高いからオーダーは控えた。
ランダーは入荷を控えた分クィーンがあったからね。

この後もいくつかの取引の予定があるから
このページに加筆する予定

予定変更で更新what I got / pt.3につづく。
by cwdye | 2011-02-11 02:54 | Report 滞在記

on the way thru / Feb. 2011

このあたりには大小様々な鉱山がいくつもある。
小さい鉱山がここにも
f0072997_11403896.jpg

冬でも暖かい避寒地のフェニックスで記録的な寒さ
初めて上着を着た。
f0072997_11412335.jpg

首都高を制する者は…なんだろね。
東京の首都高で迷うから言ってみたかっただけ。
しかもアリゾナだから簡単だし。
f0072997_114223100.jpg

サウワロサボテンの山を抜けて
f0072997_11433793.jpg

高度が変わると風景も変わる。
f0072997_11442554.jpg

廃坑がまたひとつ。
f0072997_114520100.jpg

なんだか好きな風景だ。
f0072997_1146229.jpg

兄弟の住む地に近づいて
f0072997_1147655.jpg

兄弟たちに会ってまわる
f0072997_1153579.jpg

スーパーボウルサンデーの休暇を夜中まで満喫して。
f0072997_11481498.jpg

兵どもの夢のあと…別にどっちでも良かったんだけどね
f0072997_1149663.jpg

また来るよ
f0072997_1150064.jpg

よく来たね
f0072997_11511532.jpg

山の麓に広がるいつもの街に
f0072997_11515156.jpg


日曜のスーパーボウルサンデーをデイオフにして
その前後にも細々と仕事をしてきた。
素晴らしいアーティストの作品に加えて
数をこなす中堅職人で有名なG.R.の作品もプレゼント用に調達。
この後の成果に加えてまとめて紹介する。
by cwdye | 2011-02-08 11:59 | Report 滞在記

what I got / Feb.2011

ここまでの成果
aren't they cool, huh ?
f0072997_13344352.jpg

カードサイズに近い小型のグラム秤を携帯してた。
1グラムっていうのは5カラット、1カラットは0.2グラム
グラムを5倍するとカラットになるわけ。
ギャラリーでもグラム秤を使ってるから5倍してる。
数個なら大した労力でもないんだけどまとめてオーダーするとき
結構な時間使ってるはずだ。
仲良くなって馴染みになった工具屋と話してるとき新しい秤が目についた。
カードサイズよりわずかに大きいだけでモードスイッチがある
てことはカラット表示が含まれてる。
近くにあったそれより少し大きいのはそれだけで1kgまで測れる?
今まで使ってたグラム秤はたった100グラムが限度だったのに…。
携帯用とギャラリー用の分で即決だ。
f0072997_13365465.jpg

早速携帯用の方で測ってみた、
右にあるのが今までの携帯用
左の新しい方は少し厚いけど細かい単位での正確さでは上だ。
なんて秤の話題で引っ張ってるけど
みなさんが気になってるのは試しに測ってる青い石だね。
その通り青くて黒い網が珍しい驚きのグレードだ。
f0072997_13374652.jpg

早速混ぜて撮った画像がこんな感じ。
キング アンド クィーン、王様と女王が複数形で、
しかもクィーンがこんなにあるのはすごいよ。
笑いが止まらなかったのはこれだ。
取引成立して受け取って立ち去るとき顔の緩みを止められなかった。
ここはアメリカだから知らない人の挨拶も当たり前
ニコニコしながらすれ違う人に挨拶してごまかしたさ。
f0072997_1339032.jpg

ジュエリーも一緒に写したけどもったいぶってる
わけでもないからピックアップしてお見せするとこんな
f0072997_1340872.jpg

写真写りはクィーンみたいだけどこれはキングマン
実物はもっとキングマンらしいクラシック性がある。
f0072997_13405185.jpg

簡単なオーダーのメモと石。
この後分かれてから僕が他を廻ってる間に仕上げて
ニューメキシコあたりまで持ってきてくれるらしい。
そんなに急いでないんだけどな。
そのころにまた紹介するかもしれない。
今はボカシ入りで後のお楽しみ。
f0072997_13414030.jpg

移動日にブラザー達との別れ際
デンマーク人の友達の奥さんが道中の軽食に持たせてくれた
スモークしたアナゴのサンドイッチ、旨かった。

移動の中継地でコレクターの友達数人と会って
情報交換したり会食したりしてから
いよいよナバホの家族の土地まで来た
ここを境に旅は後半に入る。
ここではブラザーのケビンと打ち合わせするだけで
家族とは週末を休暇に充てる。
しかもこの日曜はスーパーボウルサンデー
町から人影が消えて何も動きやしない。

*文中のキングはびずびー、クィーンは青/黒8番
売り口上じゃなくて本当に希少なものだから
目立つ話題のときは控えめに呼び方を代えて
検索にかからないように気を使ってる。
多くの方に簡単に探せるものにするとすぐに底をつく、
本当に希少なものはそういうものだからこんな不案内をご容赦願いたい。
直接のお問い合わせには誠心誠意対応させていただいてる

by cwdye | 2011-02-05 13:41 | Report 滞在記

sense of wonder

主観は大事なことだし自分が考えてる以上外せないもんだけど
主観を育てたのはその個人本人の周辺の環境だから
多種多様で大雑把な集合体に分けることもできる。
何が言いたいかっていうと要するに(要してない)
個人の主観が違うのはあたりまえだけど
日本人の主観とアメリカ人の主観の違いみたいに
大きいグループでも分けられるってこと。

フリーアンドイージーさんみたいなメディアや販売店様方でも
いわゆるアメカジは大事な要素だし僕も大好きだ。
でもそれは日本にいるからアメカジなんであって
アメリカにアメカジはない。
日本にあるからアメ車なんであって
アメリカにある車をアメ車って呼ばないのと似てるけど、少し違う。
キャブレター+V8エンジンを積んでるのをアメ車って呼んで
それ以外をアメリカ車って呼んでるのは僕の勝手だから
うちの自家用車はシボレーだけど
V6インジェクションだからアメ車って呼ばないのも僕の勝手だ。
だからうちの車に乗りながら「僕はアメ車好きだ」とは言わない、
僕は「アメ車好き」でしかない。
ついでに言っとくと、
インジェクションとインクジェットを間違えても
なんとなく走れそうな気がするからそんなもんだ。(?)
エンジンごとプリンタに載せ替えても今時の車なら走るに違いない。
ボンネットフード開けると
エプソンとかキャノンって書いてある日もそう遠くはないぞ。
インクが詰まったら、シアンがにじんだり、マゼンタがきれたら・・・
・・・夢(バカ)みたいな話はもうやめとこう。

だから僕が言いたいのは(怪)
見たり聞いたり読んだりしたことじゃなくて身を置いた周辺の環境から
五感(6個ある人はそれも含めて)を駆使して経験しないと
その物事を解釈する度合いは違ってくるってこと。
日本で得られる情報で日本人の主観で見たアメリカは
「そういうアメリカ」でしかない。
観光旅行で体験すると「なんか違う」って感じて
しばらくいると「そうだったのか」って思って
住むようになると「仕方ない それもよかろう」て感じかな?(聞くか)

そんな風に日本では得られない情報に満ちた現地にいて
異文化を体験 吸収していくと主観も変わって
見方が変わってくることも多い。
ロックひとつとっても英語が聞こえるようになると
異国語の発音を楽器の音と同じように聞いて「いい曲だ」と思うのと
歌詞が伝えるメッセージがわかって「いい唄だ」と思う そんな明確な違いもある。
「アメリカにはわびさびがない」っていうのも間違いで
確かに同じじゃないけど似てそれに代わるものはあって
直訳できる言い回しがあることにも驚きながら
同じように感じてる人間なんだと思えることも多い。

さて僕もアメリカ産を売りにしてるし
日本でアメカジ好きを公言しはするけど
日本で売ってる「アメカジの服」は着れない。
「日本のセンスの良さ」はどうもイケナイ。
だからアメリカのワークマンみたいなとこで買ってるんだ。
こんなの誰が着るんだ?と思った柄も
アメリカに長くいるとだんだん普通に思えてくる。
最初は冗談で選んでるうちに洒落にならなくなってくる。

僕は生活がかかってるプロフェッショナルトラベラー
出かけるときは忘れずに(古) 荷物は少なく現地調達する。
その機会に衣料品を揃えるわけだけど今回のひどいのがこれ
f0072997_1193327.jpg

青と濃茶のペイズリー、近寄るとひどい色なんだ。
でもこれがアメリカらしい。
実物は想像を絶するようなものもよくある
そういえば「事実は小説より奇なり」って言うんだっけ
この一言を最初から思い出してれば
こんなに長く書き連ねたこれを読んでいただく必要もなかったね。
何かを期待して読んだ方には申し訳ないただの小ネタでした。

進捗;毎日多くの人と会っていくつかの取引が成立、
明日も2つ以上の取引を成立させる予定だから
中間報告 what I gotは次の土地へ移動してからになるかな。
キングアンドクィーンとか ものすごいから
大声で言いふらしたいところぐっとくらえて我慢だ。
by cwdye | 2011-02-02 01:41 | Report 滞在記