ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大震災後 ゴールデンウィーク

いよいよゴールデンウィークが始まるけど今年は状況が違う。
大震災を被ってしまった後、
気が滅入って遊べなくなってる人も多いそうだね。
判らなくもないけど、それを押し切ってこその間接支援。
自分だけいい思いをして申し訳ないから自粛ってのはズルイ、
申し訳ない気持ちを押し切ってこそ支援になる。
泣きながら花見をすればいいって言った若者は正解だな。
被災地に近い東北でお金を使えば直接支援に近いし
関西や九州で遊んでも結果は間接支援になる。
今年は多くの予約が取り消されたそうだけど
要するに被災地域から離れた観光地にまで人災が広がってることになる。
今年は直前の今からでも遅くない、
観光地は空いてるはずだから遊びに行ける人は行ってほしい
しかもそんなだから今年はサービス価格も多いはず。
人が少ないからサービスして
それでも被災地を支援しようとまでするんだから人は優しい。

我が家も僕は仕事だけど子供たちは目いっぱい遊ぼうとしてる。

ネイティブスピリットのゴールデンウィークはスローだ。
繁忙地にあるわけでもないし
もとから必要としてる少数派がいらっしゃるところだから
連休にはあんまり関係ない。
だから水曜日は祝日でも開けない・・・。
f0072997_20301399.jpg

お蔭様でネイティブスピリットは忙しい。
宝石ターコイズのカスタムジュエリーから
ネイティブスピリットオリジナルブランドの作品
改造、修理まで多数が集まってきてて
大震災後にペースが落ちるどころか
逆に詰まってきてる状況
納期はある程度伸びることになりそうだ。

4月末発売のフリーアンドイージー 6月号も
巻頭の方でチャリティ販売のページがある。
まずはジュエリー1点だったから数回に分けて出すらしい。

f0072997_2029125.jpg

撮影協力 K様
by cwdye | 2011-04-28 20:34 | journal 記録 日記

4月末に向けて 2011

ギャラリー展示休業、営業準備
21日(木)、22日(金)

21日(木)ハードウェアさん御来訪、打ち合わせ予定
22日(金) カスタムオーダー製作

各地の販売店から3月中にいただいてた追加オーダーも
ほとんどは仕上げて納品完了しつつある。
その後の追加分と個人様のカスタムオーダーの製作を続ける。
f0072997_17164275.jpg

恒例の冬季渡米でオーダーしてきたジュエリーが仕上がって到着、
ゴールデンウィーク前の週末から公開、発売する。
奥様方へのプレゼントに最適なものもあったり・・・。
f0072997_1717119.jpg

月末30日発売のフリーアンドイージー 6月号の特集企画で
ネイティブスピリットのターコイズコレクションから
インディアンジュエリーとオリジナルジュエリーを紹介頂く他、
被災地支援チャリティ商品と読者プレゼントを供出。
ついでに広告ページの写真も圧巻、だと思う。
f0072997_17282132.jpg

今月末はゴールデンウィークが始まる。
観光地では予約のキャンセルが相次いだようだけど
どこでお金を使っても支援になるから
考え直して遊びに行ってはいかがかな?

ネイティブスピリットは繁忙地区から離れてるから
いつもどおりのインディアンタイム、マイペース。
5月の4日はみどりの日で連休中だけど、定休日だから開けない。

Do Nation/ドネーション(寄付)

義援金リンク
被災されたブルージーンバップ大船渡と気仙沼のお二方は
安否だけはつかめたもののその後も連絡はとれていない。
不自由な避難生活でまだまだ落ち着けないだろう。
石巻出身の友達は救援の模様をU-blogで報告してる。
リンクをたどると凄まじい救援部隊の活躍が見れるから
離れたところでなら泣いていい、
現地の当事者はそれどころか・・・だろうから。
僕も彼らをサポートしたい。

by cwdye | 2011-04-19 17:32 | News 告知

余震中カスタム製作 2011 4月中旬

節電して暗いギャラリーに慣れてきたこのところも
多くのご来訪を頂いて賑やかなネイティブスピリットだ。
間違った道徳観の自粛ムードはなく
皆さんそれぞれに経済活動に勤しんでるように見受けられる。
東北からの部材が止まったり、電気が止まったりで
効率が悪かったりはあるようだけどね。
みんな負けてない、
負けてないうちに政府がどんどん次に動かないとな。

お蔭様でネイティブスピリットは少なくも売り上げてるから
義援金を捻出することもできそう。
次号で企画掲載予定フリーアンドイージー 誌にもチャリティ品として
ターコイズジュエリー、シルバージュエリー、サドルレザー作品から
各一点ずつ3点供出した。
いいものだから是非お買い求めいただきたい。
売り上げは全額被災地の支援にまわされる。
下は最近手がけて仕上がりつつある作品の画像。
f0072997_2184175.jpg

引渡しまではもう少し時間を頂きたい。

今日は嬉しい来客、
グリーングラスの太田さんにご来訪いただいた。
軽井沢を訪ねたときもニアミスしっぱなしで
久しぶりに会ってお話することができた。
小一時間程の歓談だったけど、
これからも古参で経験と知識がある老舗にとっては
楽しい時代になっていくだろうと確認しあった。
(共同声明か? ニュースの見すぎだな)

ところでそのニュースでは
ネイティブスピリットに来るお客様からは
あまり聞いたこともないことがよく言われてる。
自粛ムードで停滞してるとか、
原発からだいぶ遠くで風評に怯える人の話とか。
なにしろゲンパツがあんななもんだから
確かにニュースから目が離せない状態ではあるね。
でもよく聞いて考えよう。
節約は被災地へ物資をまわすため、
節電は原発がぶっこわれて電力不足の関東で
電力を必要としてる企業の経済活動にまわすため
それ以外の節約は被災地のためにならない。
「今の私たちにできること」は
自粛しないで以前と変わらない消費活動を続けること、
風評に怯えず自力で情報を得て消費すること、
千葉、茨城、福島、宮城、岩手、青森のものを買うだけでなく
電気を必要とするディズニーランドで遊ぶのも支援だ。
事実浦安が被災してるから直接的な支援にもなるけど
熱海で遊んでも、京都やユニバーサルスタジオで遊んでも
日本経済の助けになればそれで支援できる。

飲食店経営のお客様から聞いた
被災地にある蔵元からのメッセージ
「支援物資や義援金はもちろん有難いことだけど
自粛なんてしないで花見や酒盛りして
いつも通り酒を消費して欲しい」
ごもっとも。
by cwdye | 2011-04-16 21:16 | journal 記録 日記

画像 春/2011

ブログのサーバーにシステム障害があったとかで
上げられなかった画像を含めてまとめて紹介。
まだまだ続くカスタムメードの作業中の画像もある。

今年の
f0072997_16524064.jpg

地味な作業の積み重ね
f0072997_16532781.jpg

自我自賛の
f0072997_16541291.jpg

控えめな人気で
f0072997_16545926.jpg

TJ作品に手を加えて
f0072997_16555081.jpg

シンプルに
f0072997_16565732.jpg

2ウェイにした
f0072997_16573913.jpg

炎は大きく
f0072997_16581750.jpg

前振りのこの絵はデジカメのスナップ
f0072997_1659531.jpg

Do Nation/ドネーション(寄付)

義援金リンク
by cwdye | 2011-04-11 17:07 | introduction 紹介

営業準備,臨時休業/4月/2011

営業準備、臨時休業/4月/2011
4月 21日(木)、22日(金)

進捗
多数のカスタムオーダー頂いていて感謝、
製作がゆっくりなせい(急げない)で
仕上がりが追いつかない、
オーダーは増える。有難い。
これからいただくフルカスタムオーダーは要2ヶ月。
多数ご発注ありがとうございます。

各地のネイティブスピリット作品取扱店Retail Shop 販売店
臨時休業予定は本ブログ画面右の案内でお知らせ。
その都度の臨時休業告知はカテゴリーNews 告知
半期ごとの長期営業予定はカテゴリーSchedules 日程

Do Nation/ドネーション(寄付)

義援金リンク
by cwdye | 2011-04-07 19:35 | News 告知

何が聞こえる? / 説話

what do you hear ?
A Native American and his friend
were in downtown New York City,
walking near Times Square in Manhattan.
It was during the noon lunch hour
and the streets were filled with people.
Cars were honking their horns,
taxicabs were squealing around corners,
sirens were wailing,
and the sounds of the city were almost deafening.

Suddenly, the Native American said, "I hear a cricket."
His friend said, "What? You must be crazy.
You couldn't possibly hear a cricket in all of this noise!"
"No, I'm sure of it,"
the Native American said, "I heard a cricket."
"That's crazy," said the friend.
The Native American listened carefully for a moment,
and then walked across the street to a big cement planter
where some shrubs were growing.
He looked into the bushes,
beneath the branches, and sure enough,
he located a small cricket. His friend was utterly amazed.

"That's incredible,"
said his friend. "You must have super-human ears!"
"No," said the Native American.
"My ears are no different from yours.
It all depends on what you're listening for."
"But that can't be!" said the friend.
"I could never hear a cricket in this noise."
"Yes, it's true," came the reply.
"It depends on what is really important to you.
Here, let me show you."

He reached into his pocket, pulled out a few coins,
and discreetly dropped them on the sidewalk.
And then, with the noise of the crowded street
still blaring in their ears,
they noticed every head within twenty feet
turn and look to see if the money that tinkled
on the pavement was theirs.
"See what I mean?" asked the Native American.
"It all depends on what's important to you.

インディアンとその友達がニューヨークのマンハッタンで
タイムズスクエアの近くを歩いてた。
昼時の街には人が溢れ、
タクシーは角で詰まって、クラクションが鳴って
わめくようなサイレンの音、街の喧騒が耳を突いてくる。
「コオロギの音がする」突然インディアンが言った。
「なんだって? おかしくなったか?」
こんな騒がしいとこでコオロギなんか聞こえるわけがない」
「いいや、絶対だ、コオロギの声だ」
「どうかしてる」
インディアンは注意深く耳をすませると、
道を渡ってコンクリートで出来た植え込みまで行く、
小枝の中を覗き込むとそこには確かにコオロギを見つけて
友達は驚いた。
「こんなことあり得ない、地獄耳だな・・・」
「いいや、俺の耳は君の耳となんにも変わらんよ
何を聞こうとするかによるだけだ」
「でもこんな喧騒の中でコオロギを聞き分けるなんて無理だ」
「でも本当だ。これはその人にとって何が大事かによるんだよ。
見ててごらん」
彼はポケットからいくらかのコインを出すと歩道に落とした。
混雑した雑踏で20フィート(6メートル)以内にいた人が
コインの音に自分が落としたのかと振り返った。
インディアンが言う 「わかっただろ? 
何が聞こえるかはその人にとって何が大事かによるんだよ」
 
という、今回はジョークじゃなくて説話だった。
f0072997_1972128.jpg

情報は出されてる。
僕らは注意深く聞いて自分で整理して理解して
行動しなくちゃならないね。

ネイティブアメリカンて呼ばれてるから
この話はアングロ(白人)側で作られた話しだと思う。

以前のコラムでもおことわりしたように
ネイティブアメリカンという言葉は多重差別になるため
彼らが認めるとおりインディアンという呼称を使ってる。
丁寧に尊敬、尊厳を持って話すときは
ラコタ、ディネ(ナバホ)等部族名で呼ぶけど
ここでは一般の読者向けにインディアンという呼称を多く使う。


Do Nation/ドネーション(寄付)

義援金リンク

インディアンジョーク、説話、アメリカンジョークの紹介は
カテゴリkill time 暇つぶし

by cwdye | 2011-04-04 19:10 | kill time 暇つぶし