ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ジャンプ! / インディアンジョーク

前回更新した作品画像の仕上がり品のお引き渡しを含めた
多くのご来訪と販売店様方からの補充の発注をいただきながら
忙しい時こそ笑いも必要、ってなわけで
更新が鈍ってたジョークを紹介するカテゴリkill time
軽く3人の男の話をひとつ。
今回の3人ではホピが落としてくれるliterally(文字通り)
goes like this

An Apache, a Pawnee and a Hopi
escaped the burning BIA building by climbing up to the roof.
The BIA firemen were on the street below, holding a blanket.

The firemen yelled to the Apache,
"Jump! Jump! It's your only chance to survive!"
The Apache jumped and SQUISH!
The BIA firemen yanked the blanket out from under him.
The Apache slammed into the sidewalk.

The Pawnee stepped forward.
"C'mon! Jump! You gotta jump!" yelled the BIA firemen to him.
"Oh no! You're gonna pull the blanket away!" said the Pawnee.
"No! It's Apaches we can't stand! We're OK with Pawnees!"
"OK," said the Pawnee, and he jumped.
SQUISH! The BIA firemen yanked the blanket away,
and the Pawnee is flattened on the pavement like a pancake.

Finally, the Hopi steps up to the edge of the roof.
Again, the firemen yelled, "Jump! You have to jump!"
"No way! You're just gonna pull the blanket away!"
yelled the Hopi.
"No! Really! You have to jump!
It's only Apaches and Pawnees we hate!
We won't pull the blanket away from you!
We promise! Now jump! Hurry!"
"Look," the Hopi says. "Nothing you say is gonna convince me
that you're not gonna pull the blanket away!
So what I want you to do is put the blanket down,
and back away from it..."

アパッチ、ポウニー、それにホピの3人が
インディアン局の火災から逃れようと屋根に登った。
拡げた毛布を持ったインディアンの消防士達が下の通りにいた。

消防士がアパッチに言う
「飛び降りろ、生きのびるにはそれしかない!」
アパッチが飛び降りると
消防士は毛布を引き抜いてアパッチは歩道に激突。

次にポウニーが進み出る。
消防士は叫ぶ、「飛び降りろ、飛び降りるしかない!」
「飛べるか! おまえら毛布を引き抜くつもりだろ!」
「いや、アパッチはいけ好かなかった、俺たちポウニーは好きだ」
「そうか」とポウニーは飛び降りた。
でも消防士はまた毛布を引いて
ポウニーはアスファルトの上でパンケーキみたいにぺしゃんこになった。

最後にホピが屋根の端に進むと消防士はまた叫んだ
「飛び降りろ、飛び降りなきゃだめだ!」
「やなこった、おめえらまた毛布を引く気だろ!」
「いやもうしない、俺たちアパッチとポウニーが嫌いだったんだ
君からは毛布を引かない、約束する、さぁ飛べ、急げ!」
「いや、おめえらが毛布を引き抜かない保証はねえ
だから毛布をそこに置いておめえら離れてろ!」
・・・・・・

いいのかそれで・・・
というお話し。

度々おことわりしているように
ネイティブアメリカンという言葉は多重差別になるため
彼らが認めるとおりインディアンという呼称を使ってる。
丁寧に尊敬、尊厳を持って話すときは
ラコタ、ディネ(ナバホ)等部族名で呼ぶけど
ここでは一般の読者向けにインディアンという呼称を多く使う。

参考カテゴリculture文化
ジョークはカテゴリkill time/暇つぶし
by cwdye | 2013-03-23 20:24 | kill time 暇つぶし

作品画像 3月/2013 (3/16追加)

去年の年末にいただいたオーダーを含む
チャングリシカワカンカスタムジュエリーが多数仕上がりつつある。

ランダーブルー Cangleska-wakan カスタムリング
f0072997_20103279.jpg
courtesy of Mr. Morimoto

EXグレード 50’s オールドビズビー from Z's collection
w/ Cangleska-wakan カスタム
f0072997_20103876.jpg
courtesy of Mr. Morimoto

Zushan-Hubei w/ Cangleska-wakan カスタム
f0072997_20105095.jpg
courtesy of Mr. Uchino

EXグレード 50’s オールドビズビー from Z's collection
w/ Cangleska-wakan カスタム
f0072997_20105465.jpg
courtesy of Mr. Nakamura

Purple smoky 50's オールドビズビー w/Cangleska-wakan custom
f0072997_20105910.jpg
courtesy of Mr. Yano

ランダーブルー w/Cangleska-wakan custom ring
f0072997_2011196.jpg
courtesy of Mr. Yano

Damele tufa style ring smithing by Cangleska-wakan
f0072997_14284848.jpg
courtesy of Mr. Iwabuchi

他カスタムオーダー品も鋭意製作中
3月の臨時休業
by cwdye | 2013-03-15 20:28 | introduction 紹介

3.11 /2013

今年も3月11日がきた。
震災から2年目のこの日を迎える直前
仮設店舗で再起し始めて1年を過ぎた旧ブルージーンバップの千葉さんと
芸能プロのチャレンジャーズプロダクション率いて
ドゥ・ネーションで支援活動をしてる江渕良平君にご来訪いただいた。

f0072997_19195942.jpg
1年前に気仙沼の仮設店舗を訪ねることができた千葉さんに
その後も復興は足ふみ状態で何も変わらない現状を聞いた。
まだまだ支援の手は緩められない。

復興支援で出資してた三陸牡蠣が届いた。
f0072997_19201726.jpg
間違いなく今までに食べた牡蠣の中で一番美味かった。
f0072997_19202146.jpg

写真家のトカへのスタジオには
f0072997_19202732.jpg
石巻の工房に注文してたベンチが届いた。
f0072997_19203192.jpg

support 気仙沼 /NATIVE SPIRIT+ アルバム

support the underground
やらぬ善よりやる偽善と地元を救うために立ち上がった有志と協力者の活躍

三陸牡蠣支援
出資の募集は終わったみたいだけど各地の通販で買えるようになってるはず。

Do Nation

改めて忘れちゃいけないことは
報道で見る復興はごく一部一時イベントに過ぎず
町が壊滅した現地ではたとえ仮設店舗が営業再開しても
コミュニティの機能やインフラが戻ったわけじゃないってこと。
これは離れた土地にいても
日本全体の経済や雇用にも繋がってるから他人事じゃない。
同時に、できる支援は日常にもいくらでもあるね。
by cwdye | 2013-03-11 19:41 | journal 記録 日記

3月 営業準備 臨時休業 / 2013 (3/7追記)

3月7日(木)追記編集

水曜定休以外、営業準備のための臨時休業
3月 
21日(木)、22日(金)、26日(火)
4月
4日(木)、16日(火)、22日(月)、23日(火)

ゴールデンウィーク中通常水曜定休のみ

キャパオーバー
いつも冬期渡米から戻って2月中に2週間近く仕事ができたんだけど
今年からカレンダーが大きくずれて渡米後の2月は1週間しかなかった。
渡米後にまわさせていただいたバックオーダー、
渡米直後から頂いてる追加オーダーについて
更に時間を頂かないとできないことに気がついた。(気づくのも遅い)

帰国直後から迎える多くのご来訪と
各地の販売店様方からのFAXでの追加オーダーに併せて
ネイティブスピリット・ターコイズコレクション
扱っていただいてるスラブ・ネストさん、
青森のギャランホース/GALLANT HORSEさんがオフの合間にご来訪、
再起をかける気仙沼旧ブルージーンバップさん、
と、遠方からのご来訪も迎えて嬉しい上半期始動の1週間だった。

追記3/7
4月にかけての臨時休業を追記した。
販売店様方からいただいた多くのオーダーは近日出荷予定
数多くお待ちいただいてるカスタムオーダーも鋭意製作中と同時に
タックスシーズンだったことを思い出して慌てる。
やっぱりこれも思い出すのが遅いんだ。

半期毎の長期日程はカテゴリSchedules 日程
by cwdye | 2013-03-02 20:07 | News 告知