ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

長期日程 2016(-2017年2月) 12/28追記

2016冬季渡米後 長期日程

上半期 営業準備 臨時休業
3月 22日(火)、24日(木)
4月 21日(木)、22日(金)
5月 23日(月)、24日(火)
6月 20日(月)、21日(火)、23日(木)
7月 21日(木)、22日(金)(未確定)

予定イベント
7月 2日(土),3日(日)
出張 秋田市アーススピリット

2016夏季渡米休業

8 1() 824()

81() 納品,展示品搬出

8 2()-819()渡米休業

20()24() 展示品搬入,販売店対応再開

825日(日) ギャラリー再開


下半期 営業準備 臨時休業 (未確定)
9月 20日(火)、22日(木)祭日
10月 20日(木)、21日(金)
11月 21日(月)、22日(火)

上野 スラブネスト
御徒町からアメ横センタービル2Fに移転
10月8日(土) OPEN
(御徒町店での営業は9/11まで)

10月 22日(土)、23日(日)
オールドチマヨブランケット&ジャケットショー
byアーススピリット from 秋田市
at ネイティブスピリット in 中野

2016年末ー2017年始 休業予定
1月31日(土)~1月6日(金)
製作再開1月5日(木)~

2017 冬季渡米休業予定
1月25日(水)~2月15日(水) 渡米準備休業
1/25(水),26(木) 納品送り出し、展示品撤収
1/27(金)~2/13(月) 渡米
2/14(火)15(水) 営業準備 販売店対応再開 展示品搬入
2/16(木) 展示公開再開

日程,告知 カテゴリ NEWS 告知

NATIVE SPIRIT®
ギャラリーオープン;14:00~19:00
定休日; 水曜日  
他不定臨時休業 渡米中長期休業
仕事の質重視のために個人での運営を貫きます。そのため製作はもとより、各地の販売店への納品
その他雑務のために、OPEN時間を限定し、不定期な休業があります。
また、インディアンの儀式への参加、アート作品買い付け、材料仕入れのため、
年間で約12週間分を渡米期間として費やします。
その間ギャラリーの展示公開を休止させていただきます。
長期休業の間はギャラリーの展示品を倉庫に撤収するため、
休業日程の前後は展示品が揃っていない場合があります。
ご来訪前にご希望の作品の展示の有無、営業日程の確認をしていただけると確実です。
休業日程は直前の変更、追加削減がある場合もあります。
予めご相談頂ければ、指定時間外の対応も考慮させて頂きます。

by cwdye | 2016-02-28 22:27 | Schedules 日程

ビズビーブルー/スタビライズドビズビー

僕がわざわざ「ジェム」より「宝石」と呼ぶ
ハイエンドクォリティのターコイズを得るためには
その対極にあるターコイズ、はたまたそのイミテーションまで
全てを知る必要がある。
というわけで授業料は惜しまない。
あまりに突飛な価格がついた偽物でなければ
資料として買って出来る限り調べてみる。

売り手の人脈、流通の経路、それから現物をテスト
f0072997_18081609.jpg












高回転のグラインダーで削って摩擦を加えてみて
確信したら高温のバーナーで着火してみて最後に火遊び
f0072997_18082337.jpg












ここまで炎が上がることは多くはない
このサンプルの個体はパイユート
彼のビズビーもレッドマウンテンもよく燃えた
彼はシェアを持ってるから
国内外共に青ざめるディーラー、アーティストも多いはずだ。
トップアーティストも彼の石を使ってることは少なくない。
でもそれほど思い込みは禁物ということ
売り手の彼は「ノートリートメントとは言ってない」
それになんといっても「価格が高くない」
注:スタビライズ加工は焼けてもエンハンス加工は焼けない

前回2016冬季の渡米中の更新 ビズビーへの寄り道で
商標登録されたスタビライズドビズビー
ビズビーブルー」の話題を出してしまったからには
恐らく皆様に湧いた疑問に答える必要がある。
これからなるべく続けてこの疑問に答える資料を上げようと思う。

BEAUTIFUL BISBEE BLUE
1995年頃、ビズビーまで足を延ばして
ビズビーターコイズを探そうとした。
その時はまだ
「必ずしも現地にターコイズがあるわけではない」ことを
実感してなかった。
町中にビズビーターコイズはなく
ファンシージュエリーの店で1点だけ
14金でできた当時2000ドルのリングを見つけただけだった。
街はずれのラベンダーピットにはBISBEE BLUEという看板
訪ねるとそこはビズビーを使ったインディアンジュエリーの店
入口に近くには非売品の大柄なペンダントが参考価格20000ドル 
見つけた、20000ドルはともかく小さいものなら
ところが売ってるものの価格は30ドル~600ドル
安いと言って喜ぶほど素人じゃない。
何かしらの処理がされてることは想像した。
とにかく買って、
貰ってきたフライヤーの英文を繰り返して読んだ。
「ビズビー地方でとれたターコイズ、ビズビーのターコイズ
いろいろ言われてビズビーターコイズは売られている。
商標登録された本物のビズビーブルーターコイズを
売っているのは私たちだけである」
なるほど登録商標されてれば本物は商標の持ち主のそれだけだろう。
トリートメントの有無まで書くわけもない。
それをターコイズの父と呼んだラリー(2002年没)のところへ
持って行って見せた。
「こんなの見つけたよ」
「見つけたか(見破ったか)
私も70年代初めにそれが出てきたとき
その量と価格の安さに驚いたんだよ
そこでBに、おまえこのビズビーに何をした?って聞いたけど
奴は最後までスタビライズって単語を使わなかった。
なんて言ったと思う?」
「何て?」
「カルチャーしてやったんだそうだ」
ものは言いよう、新しく聞いた表現に笑った。
高度な技術でスタビライズしてるとも聞いたけど
樹脂を染み込ませるその技法にそれ程差があると思えない。
いずれにしても元がチョーク状のその材料は
採掘量全体の90%あることに代わりない。

全て「ビズビーブルー」、商標名入りの台紙付きも手に入れた
f0072997_18463884.jpg












ビズビーブルーは登録商標が保証する
ビズビーターコイズの正式なオーナーによる
出所明らかな美しいスタビライズターコイズだ。
安価なハズだから騙してるわけでもなく問題ない。
ただ期待と違う真実が知らされていないだけ
その期待を満たすには高額な出費が必要なことと
更に希少性が高くなって負担が増えることにつながる。
知らない方が幸せなことってあるんだ。

つづく

スタビライズド、エンハンスターコイズ等
トリートメントを受けた(有添加)ターコイズは
市場でナチュラルと呼ぶことを法的にも認められてる。
90%を占めるそれらに対して僕が探して扱うターコイズは
10%のノートリートメント(無添加)ターコイズの中で
高等級の1%、宝石等級0.1%以下のものだ。
ターコイズに限らずルビーもサファイアも他の石も
トリートメントを受けたものが普通で偽物じゃない。

僕がオールド(五十年代前後)を探すのは高品質が多めで
クラシック=王道の見た目を持つ宝石が在り得るから。

詳しくはカテゴリ、リンク、タグ、ブログ内検索、参照
スマートフォンでご覧の方は営業日程が一画面上に出ない
カテゴリ schedules/長期日程NEWS/告知 で日程のご確認を

by cwdye | 2016-02-26 22:53 | reference 参考

再開 冬季渡米後 2月2016

2月18日(木)展示公開 再開
恒例の夏季渡米休業まで
ネイティブスピリットの上半期が本格スタート
f0072997_21240498.jpg











Reオープン初日スラブネストの中村さんはじめ
多くの御来訪をお迎えして賑やか
(ネイティブスピリットでは5人以上の来客で満員御礼状態
いや3人以上で かも)

タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-02-18 21:27 | News 告知

what I got /Feb 2016


最近の準量産品には
チャイニーズのマーシャンターコイズが
キングマンに混入してその経路をまだトレースしきれない。

中国経済の台頭と中国国民のターコイズへの関心は
中国のターコイズをもグローバル化させることになって
価格的にはハイグレードキングマンと同等。
ごくわずか、それでも全体量からすればある程度あった
中国ターコイズの高品質、ジェムクォリテイ=宝石品質
今まではジェムグレード=宝石等級を得られなかったけど
グレードが認められて宝石になる日は遠くなくなった。
キングマンを1とすると3を超えたら宝石と言っていい。
今まではまれに2でのオファーがあってそれもまだ足並みが揃わなかった

スタビライズドを良しとするナチュラルじゃなくて
ノートリートメント(無添加)ナチュラルの
ネイティブスピリット級のハイグレードビズビーなんか
ここ2年程お目にかかれず、今回も殆ど見送った。

ローンマウンテンは採掘が続くから安定する傾向はあるけど
採掘にかかるコストが上がっていくことと
ハイグレードが少ないことに代わりはないから
右肩上がりが緩やかになるだけだろうし
オールドが出ることがあればそれについては話しは別になる。
実はそのオールドが出る可能性がある。

というわけでターコイズの状況は厳しいけど
やめるわけにいかない
f0072997_08273728.jpg












ギフト用にはゲーリーの後を継いだ息子の作を
跡を継いだっていっても最近のことじゃなくて
1999年ごろから手伝い始めてたはずなんだけどね

汚い と言って捨て置けない
f0072997_08273737.jpg












薄い と言って放っておけない
f0072997_08290408.jpg













普通 だなんて言いきれない
f0072997_08273735.jpg












トラディショナルなこれらも宝石付き
f0072997_08273790.jpg











あとはブラザージムがジョーダンロウリーと
トレード(2008年頃だっけ?)したバケツから出たハイグレードタイロン
そのトップグレードを少し買い足して密かに貯めてる状態
(ここに書いたら密かじゃないじゃないか)

今回もジュエリーが多め?とのお言葉があったけど
最初に書いた状況でターコイズのキャブは確かに少な目
ただジュエリーになってるものも石がすごくて
ジュエリー部分は安めなものもあるから
外すこと考えていただいてもよろしいかと思う。
6500万年以上前からの自然の奇跡の産物が
人造物に捕らわれなくていい。
(極数人の巨匠や皆様御贔屓の作家を除いて)

まぁそんなこんなで blah blah blah...
渡米中のわりとライブな画像はインスタグラムで

WHAT !?
f0072997_08291619.jpg












why...because だってさ
このメいいのが見えるでしょ?
それほど張らなかったとしたら
これを我慢するのは無理でしょ? そういうわけです
だから断じてやっちまって ない はず だと思う。

タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-02-13 17:25 | Report 滞在記

home sweet home/on the way 2016Feb

量産ターコイズばかりのイベントは後目に
コレクターと交渉を重ねながら移動

アーニーリスターシショーのところに来ると
額装されたネイティブスピリットの広告
喜んで頂けたようでなによりだけど
f0072997_15371121.jpg













左の絵の人みたいにね
舞い上がっちゃってるから落ち着けって
デシになだめられてるの図みたいだろ?
改めて言っとくけど弟子なんて大そうなもんじゃなくて
デシリットルの方のデシだからね、僕は1/10?

なんかプレゼントしてくれた
うちの家紋はどれだってしつこく聞かれたから
着くまでに作ってくれてるのはわかってたんだけど
丸に一枚鷹の羽 要するに A Hawk Feather
f0072997_15371158.jpg












みなさんのも受け付ける
これ実は銭のまま…FBIどうすんの

この橋を渡るのはあなた?
f0072997_15361269.jpg











ラグのデモは開店休業
f0072997_15361226.jpg












懐かしいダウンタウンでB面通りを探そうとしたけど
それ以上かそれ以下しかなくてC面通りになっちゃった
f0072997_15371182.jpg












でも地元のみんなにはこれだけで
ここがどこかすぐわかった

いつものようにナバホの家族が
ファミリークックアウトを開いてくれたんだけど
今回は屋内だから写真もバラバラ

これは故ナバホ父が作ったブライドル、
和式に言うと頭絡、馬の頭にかけるベルト
それをいちいちジュエリーで作ったセットね。
スペイン軍はこの真ん中に下がる花型のところに
後にインディアンが真似たナジャを付けてたわけ
f0072997_15371189.jpg











うちに譲ってもらおうと相談してた

僕も持ったばかりのモッダーンテックノロジー
セルフィーってやつをナバホ母と
f0072997_15371112.jpg












数年ぶりに再会したブラザーと
嬉しくて仕方ない笑顔で崩れっぱなし
「どうやったら撮れるんだ~」「知るか~」
f0072997_15371137.jpg












この27年一緒に育ったようなもんだもんな(老けた?)
f0072997_15371155.jpg











マヌケなヘラジカにされたケビンは
この晩アスホールになる預言を受けたみたいなもんで
スィートダウンタウンのこんなところで
f0072997_15371084.jpg












こんなこと(スーパーボウルサンデー)のあった夜だから
f0072997_15371197.jpg











しかもバーにいた他の全員(強いて言えば僕も)デンバー側なのに
ナバホの3人だけがNカロライナ側で
最後に頑張ったんだけどダメ押しで潰されたように負けた
その後一軒梯子しただけで
アスホールになったブラザーを家まで届けた
次の朝の朝食をたかられたとき
何も覚えてないって・・・そうだろうよ
完全にアスホール野郎だったからな

バイバイ サンフランシスコ山
f0072997_15371161.jpg












いつものトランクオフィスでトランクビジネス
こんどは間違いないよAさん
ウェスには目出度く虹もかかってるし
f0072997_15361264.jpg











でハローサンディア山
f0072997_15361283.jpg










f0072997_15361280.jpg












初のミュージアムピースになる
偉大な爺様JCザカリーの石をのせた
チャングリシカワカンカスタムブレスレット
無事納品
このあと
ジョーダンロウリー夫妻の夫婦漫才に大爆笑

と情景はこんな感じビジネスはどんな感じ
次回乞う御期待、いや軽く御期待
タグ不完全のためブログ内検索併用推奨


by cwdye | 2016-02-11 17:15 | Report 滞在記

ビズビーに寄り道/渡米中更新

渡米中の更新 カテゴリreport/滞在記
ビズビーへの寄り道をレポートしたら
トリッキーでデリケートなターコイズの話題に触れたから
解説を書いてるカテゴリreference/参考からもここにリンクを張る
ビズビーターコイズを語るうえでいつかは触れることになる
「ビズビーブルー」の名前を初めて出した

タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-02-07 12:35 | reference 参考

Bisbee / on the way thru 2016 Feb

滞在先の街から少し足を延ばして
ランチとコーヒーを頂きにメキシコ国境に近接するビズビー

90年代に3回、2000年超えてから2回
今回が6回目の訪問になる。
前回は2009年

まず知らない方のために
ビズビーは銅山でビズビーターコイズは副産物

ターコイズは掘れた現地には大抵ないもの
それは過去のことであることと
加工する工房が遠くにあることでまずは現地を離れることが多い
だから大抵の地名を冠したターコイズの土地にターコイズはない。
ビズビーにもいろいろ事情がある。

町はターコイズについては振れないようにするかのよう
ビズビーターコイズはスタビライズドでも高いから
土産物に向かない
かと言って他のターコイズを置くとなんでって言われかねない
面倒極まりないものだから知らないふりしておきたいんじゃないかな。

ターコイズの品質、等級、加工、安定加工等の予備知識
カテゴリreference/参考をご参照

滞在中の町からドライブして
途中のワイルドウエストの町で1周散歩
お元気ですか?
f0072997_12004152.jpg













ダッジシティに次ぐワイルドな町が100年前のまま
f0072997_12004157.jpg










OK牧場の決闘があった町角だから 今も至る所でドンパチ
f0072997_12004154.jpg











ガンショウがある
f0072997_11585642.jpg












裁判所が機能し始めるのは1900年入ってからだったはず

しばらく行けばビズビー
メインイベントはこのビズビーズテーブルでランチを食べることと
f0072997_11585626.jpg












ビズビーコーヒーでコーヒーを飲むこと だったんだけど
このスタイルのコーヒー屋だった
f0072997_11585685.jpg












カップにロゴもないから遠くのサインにピント合わせて
f0072997_11585643.jpg











もう一軒サンチャゴ、は腹一杯で次回にしようと場所だけ確認
f0072997_12004119.jpg












町の中心にあるマイニングミュージアムに久しぶりに寄ってみる
f0072997_12004150.jpg











1900年代前半はこんなイクイップメントで
f0072997_12150707.jpg











このハッチが開いてるのは? 
f0072997_12004131.jpg













ここから顔出す羽目になるなよ
これハッチじゃなくて蓋だしこのカタチってことは?
f0072997_12004130.jpg












用を足しても大事なものは忘れるな
f0072997_12004112.jpg











鉱山労働者の休憩について書いてある
その鉱山労働者の弁当の中身
f0072997_11585687.jpg










寄ってみると
サンドイッチとリンゴとそれに? マラカイトと水晶
f0072997_12004170.jpg











銅を掘りながらこんなのを見つけられれば小遣い稼ぎになった
これがターコイズならランチボックスターコイズなわけ

その後1950年代を越えると露天掘りのラベンダーピット
この場所に鉱脈を見つける
f0072997_12004171.jpg












廃鉱になった後は酸で汚染された水がこの20年見てても
薄まることはない

70年代半ばに終了するまでここで銅が掘られて
68年以降から70年代まで
いいビズビーターコイズが沢山出たことになってる
それを売っていたギフトショップ「ビズビーブルー」も
派手な看板を下ろしてとうとう廃墟に
2009年に訪ねたときは観光案内だけ置いてあった。
f0072997_11585628.jpg











その頃に出た多くのいいといわれるターコイズ
ドイツで安定加工されてコロラドでカットされて
ビズビーブルーという登録商標を得て
本物のビズビーブルー」として売られる

ビズビーブルースタビライズドビズビーの商品名で
無添加ターコイズの専門家はビズビーブルーという言葉すら嫌う

だから以前デイトナ誌で「ビズビーブルーがいいとされる」って
どこかのセールストークの引用で書かれたことに
ズッコケそうになるほど呆れて慌てて
僕の名前入りの責任編集で初めて石の解説を加えたわけ

とうとうビズビーの真実を書き始めちゃったよ
これは続けなきゃならなくなる
詳しくはまたの機会に乞う御期待

タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-02-06 13:27 | Report 滞在記

掲載誌フリーアンドイージー2016年 3月 最終号

カテゴリ分類のためリンク

前号2月号のプレゼントが豪華だったのはつまりそういうこと
この休刊前最終号になるから次がない
今まで掲載内容まで紹介したことはないけど
早い売り切れも予想されるから最後には特別に誌面を紹介
先に紹介したnative_spirit/instagramでの画像を(拡大可)
f0072997_23382755.jpg



















NATIVE SPIRIT to GO
f0072997_23383874.jpg












新たな旅への祈りも込めてバッグも用意しといた これで夜逃げもOK
(旅っつっても自分探しに行くなよー、自分は君んとこにしかいねーぞ‼…lol)
写真:フォトグラフィ オグラナオコ©
モノマガジンとかポパイとかダンセンとか
雑誌ってのはネイティブスピリットより長く続いてるものが多かったし
友人の作り始めた新しめのバイブス誌も25年,見事に次世代に継承された
決して長くない18年の歴史だから有り余る力をもって
すぐに新しい企画は立てられてる。
編集長、スタッフのこれからの活躍に期待しよう

タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-02-04 23:57 | introduction 紹介

published Free & Easy March2016 掲載誌


タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-02-04 23:56 | Report 滞在記

hit the road Feb.2016

すでにいくつか画像を上げてるけど
こちらは軽くイントロの段階
その代わりこっちでは書くときは書くからね
まずは hit the road
f0072997_12303646.jpg











で、いきなり渋滞
東部の大寒波の影響も克服できてたらしく
飛行機はオンタイムで到着、したらラッシュアワー
でも、早速宿に着く前に買い出しもして
8時半には着いてたから順調だった。

滞米中に発売で内容を見ることができない
前号のプレゼントが豪華だったのはf0072997_12380011.jpg







(画像はフリーアンドイージーサイトから拝借)
今月号を最後に休刊するから
18年とあまり長くは続かなかった分だけ
編集長の力は有り余ってるハズだし
その跡を継ぐスタッフもこれからだから
次のステップは意外と早そうだよ

久しぶりにビズビーを訪ねたプレビュウ画像
分かってはいたけどターコイズのタの字もありゃしない
その話も追々に
タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-02-01 12:54 | Report 滞在記