ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

タグ:スラブネスト ( 8 ) タグの人気記事

Slob/nest 新店舗 /ピックアップ(11/7編集追記)

先月 10月15日(土)
古巣のアメ横センタービルに戻って新店舗をオープン
すこし遅れて21日(金)にお邪魔した。

けどお客様が多く写真を撮るチャンスを逸したので
外観は再びスラブネスト/インスタグラムから拝借した画像
f0072997_19430201.jpg
御徒町で使われていた内装は手が込んでいただけに
非常な手間をかけて移設
f0072997_19115822.jpg
ケースの中身も前と変わらないように見える、けど
この日も納品したから増えてるし
移転前後のこの一月ほどで旅立ったものも少なくない
f0072997_15165627.jpg
f0072997_15165395.jpg

サドルレザー使用では老舗のネイティブスピリット
御大の作風を受継ぐ技で仕上げた
f0072997_15165383.jpg
ジャーナルカバー、オーガナイザー、ペンケース キーリングホルダー

お客様とネイティブスピリットの外で会う珍しいチャンスに記念撮影
f0072997_15165515.jpg
僕も念願だった
若林さん曰く「ジュエリースタジアム」に参戦
この日のコンテスタントは
お客さんの森本さん、スラブネストの中村さん、正木による
ランダーブルー、五十年代極上青黒八番、クラシックオールドビズビー
f0072997_15165662.jpg
全部チャングリシカワカンカスタムだった?
いずれにしてもあまりに高グレード、個性的で勝敗はつけられない。

創業して33年、ネイティブスピリットの作品は
ネイティブスピリット創業の翌年から扱っていただいて27年
最古参のスラブネストさんならではの意外な品揃えも
(同じ都内で近隣ということもあって他の販売店様に対応できない定番外の作品もある)
f0072997_15165516.jpg
せっかく開店の紹介なのに写真がこれしかないから
後でインスタグラムから画像をお借りして追加するかもしれない。
(11/7 画像追加編集)
それとまたお邪魔して改めて店内の写真を撮らせていただこうと思う。

帰りにガード下で改装した新店舗に移った
こちらも老舗格の先輩L.S.Tomの新貝さんにご挨拶
こちらにも27年前僅かながらにもお世話になった恩がある。
その僅かが当時若かった僕には僅かじゃなかったから
先輩達への感謝の思いは年を経るごとに大きくなる。
f0072997_15165380.jpg
その先輩がオーダーしてくださった
五十年代極上青黒八番のチャングリシカワカンカスタムリング
f0072997_15165331.jpg
至極光栄

スマートフォンでご覧の方は営業日程が一画面上に出ない
カテゴリ schedules/長期日程NEWS/告知 で日程のご確認を
タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-11-05 17:22 | introduction 紹介

祝開店スラブネスト 臨時休業(追記10/19)

ネイティブスピリット取扱い販売店筆頭
上野のスラブネストさん
10月15日(土) アメ横センタービル2Fに移転して新店舗開店
ウェブサイトは一部案内未修正
オールド キャンデラリア チャングリシカワカンカスタムpdt
f0072997_19430225.jpg
オールド キャンデラリア チャングリシカワカンカスタムbrc
f0072997_19430237.jpg
前回の更新でお見せしたカスタム以外に以上2点をスラブネストさんに納品
ネイティブスピリット オリジナルジュエリー、 オリジナルサドルレザーの
定番品全種類に加えて
チャングリシカワカンカスタムジュエリーを数点以上在庫してくださっている
もちろんオウセンティックインディアンジュエリーも
オールドからコンテンポラリーのビッグネームまで
丁度いいところを揃えてる
特にホピのセレクションは必見

ネイティブスピリット 今月の臨時休業
10月20日(木)、21日(金)
ネイティブスピリットは制作や準備のため臨時休業
このどちらかでスラブネストさんに伺う予定
多分20日の午後(追記19日)
水曜日センタービル休館日、木曜日定休ということで
金曜21日に変更

臨時休業明けの週末はイベント
byアーススピリット from 秋田市
10月 22日(土)、23日(日)
at ネイティブスピリット in 中野


五十年代極上青黒八番 チャングリシカワカンカスタムリング
f0072997_19431551.jpg
courtesy of Mr. Takahashi

スマートフォンでご覧の方は営業日程が一画面上に出ない
カテゴリ schedules/長期日程NEWS/告知 で日程のご確認を
タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-10-16 21:27 | introduction 紹介

スラブネスト移転、掲載誌,臨時休業/告知(変更追記10/1)

製作のため臨時休業
9月20日(火)
無休で製作中ながら、現在多数のオーダーを抱えてキャパオーバー
カスタムメードはものによっては2~3ヶ月
お時間頂いてる分はもう少しかかるかもしれない
お待ちいただいて恐縮

販売店 上野スラブ/ネスト 移転
10月 8日(土) → 15日(土) アメ横センタービル2F OPEN
90年代に隆盛を極めたアメ横センタービルの
2000年代に入ってからの衰退を後目に
御徒町に移転して16年その立ち位置を不動のものにした
この道33年のスラブネストさんが
淘汰された後のアメ横センタービルに戻って再開
ドラマチック極まりない。
(このドラマ、昔話もそのうち紹介するかもしれない)

10月号 発売中
11月号 9月30日(金) 発売

バイブス 25周年記念 11月号
10月11日(火) 発売

イベント
byアーススピリット from 秋田市
10月 22日(土)、23日(日)
at ネイティブスピリット in 中野

スマートフォンでご覧の方は営業日程が一画面上に出ない
カテゴリ schedules/長期日程NEWS/告知 で日程のご確認を
タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-09-19 21:19 | News 告知

命名 project Gemmie Lister

兼ねてからアーニーリスターのワイドカフブレスレットに
ネイティブスピリットのターコイズコレクションから
有名希少な宝石ターコイズを載せていた一連の作品
欠けては補充を繰り返しながらランダーブルーを追加
f0072997_15345073.jpg
欠品していたクラシックオールドのビズビーも再び
f0072997_20272935.jpg
こちらは70年代まであったオービルジャックのブルーターコイズから
やっと入手したスパイダーウェブのハイグレード
f0072997_14215193.jpg
従来のワイドより更にワイドで
f0072997_14215178.jpg
数年前から始めた
このネイティブスピリットターコイズコレクションを
アーニーリスターにオーダーするプロジェクト
ネイティブスピリットだけの特権ということで
突然思いついた名前をつけた
project Gemmie Lister ジェミーリスター
ほんとは宝石のGemmyだけどErnieのスペルになぞらえた

当然希少な宝石ターコイズだから
年に数点の最上級コレクション
意識してオーダーし始めてからのこの3年間くらいに
ブレスレットで合計12点程作って5点旅立った

リングのような小さいものは
上野の販売店スラブネストさんでも数点販売中

上野 スラブネスト 移転
移転前営業 9月 11日(日) まで
新規オープン アメ横センタービル 2F
10月 8日(土)

スマートフォンでご覧の方は営業日程が一画面上に出ない
カテゴリ schedules/長期日程NEWS/告知 で日程のご確認を
タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2016-09-07 21:31 | introduction 紹介

ホピ・ジュエリー コレクション by スラブ・ネスト ピックアップ

[追記 9月2016]
移転新規オープン
アメ横センタービル2F 10月8日(土)

本文
僕が初めてインディアンを探す旅に出た21年前
ターコイズを中心に展開するインディアンジュエリーに興味はなく
銀と鋸の技だけで見事な表現力のホピのジュエリーに興味があった。

1989年以前の僕は
一般市場にある普通のターコイズしか知るはずもなく
隠れたコレクター市場にわずかしかない
宝石ターコイズなんて知るわけがなかった。
アクシデントとビギナーズラックで
最初に実物の60年代以前のオールドビズビーを入手してから
以後しばらくは低グレードのものや偽物、安定加工されたものばかりで
実物が手に入れにくいことに呆れながら
その実物の持つ魅力にとりつかれたようにハンティングに燃えた。

そうして、89年当初、拾われたナバホの家から出て
ホピのジュエリーを学びに出かけようとしてたのをやめて
ターコイズ中心のナバホジュエリー専門になろうと決めた。

その後「ターコイズの父」と呼んだ故ラリーG.クーリーや故アル、
アングロのブラザーのジムやネイサン
当時若者でその後のDR.ペッパーブラザーのジョーダンロウリー等
実物を扱うことができる
数少ないストーンカッターやコレクターの力を借りて、
加工無しの低グレードから高グレード、安定加工したもの、偽物、と
何種類も何十万カラットものターコイズを見て、
品質と価値の見方、それぞれの歴史といった
本では得られない情報を経験で得た
宝石ターコイズの取り引きには
多数の情報と熟達した総合的な交渉のテクニックが必要だ。

有名なアーティストだとしても使ってる石が実物かどうかは別問題、
アーティストが独自に石を仕入れる場合
偽物や安定加工された石を掴まされてることも多く、
コレクターもその階層によってはその人が掴んでしまってることも多い。

それをご存知のスラブ・ネストさんは自ら赴くアメリカで
ターコイズに関しては無理のない範囲での買い付けに留め
ネイティブスピリット・ターコイズコレクションbyスラブ・ネストとして
希少で高品質なターコイズの大半を
ネイティブスピリットに任せていただいてる。

そのスラブ・ネストさんは
僕が入り込むことがなかったホピのジュエリー
20年以上にわたって扱い続けてる。

この20年の間にホピのジュエリーにもいろいろあった。
ホピに関わり薄い僕が知る限りでも、
多くのコピーや偽物、粗悪品が日本の一般市場に溢れて、
古いタイプの実物のホピ・ジュエリーは姿を潜めた。
次に実物は実物で鋸のテクニックに磨きをかけて
これでもかというほど微細で精巧な表現方法を手に入れて
新しいタイプのホピ・ジュエリーを築き上げた。
f0072997_18273872.jpg

僅かにタガネを入れるだけで、
複雑な模様や図案の殆どを鋸での切り出し
オーバーレイ(重ね合わせ)で表現するホピ・ジュエリーは
シンプルに技術力だけで充分に圧倒してくれる。

革新的で素晴らしいホピ・ジュエリーに圧倒された近年
気が付くと古いホピ・ジュエリーを見なくなってた。
高級ギャラリーに並ぶのも新しいアーティストばかり
世代交代は確かに進んだらしい。
f0072997_18284560.jpg

ところがホピに強いスラブ・ネストさん、
最近なりを潜めた感がある過去のビッグネームの作品まで揃えてる。

どこまで「細かく作り込んで表現する」か、どこまで「作り込まずに表現する」か
ホピ・ジュエリーとタイプの違うものを創る僕が一番興味があるところだ。

ここに掲載したホピ・ジュエリーの画像は
ホピ・ジュエリーコレクションbyスラブ・ネストから拝借した。
この立体を目の前にすると圧巻の一言に尽きる。

スラブ/ネストさんの渡米日程をお知らせしようとして思いついてこれを書いた。
5月22日(土)渡米明けの展示品を公開されたら
新しく入荷するものも含めて厚いコレクションを見ることができるだろう。

by cwdye | 2010-05-11 18:37 | introduction 紹介

セット解除のその後

先月6月3日、スラブ/ネストさんにあったティンバーライン・ターコイズ
男女ペアのクラスター・ブレスレットセット解除をお知らせした。
その直後、男性のお客様がメンズを購入。
その後、以前から気にしていた女性のお客様が
レディズのピアスとのセットを購入されて完売した。

ティンバーラインについてはセットを解除を告知したときに少し触れた。
このクラスターに使用したティンバーラインは
ターコイズで有名な御家のコレクションから出たものだったことを書いたけど、
ティンバーライン・ターコイズそのもののオーナーは、
スカイストーントレーディングの小寺君が書いた
「ターコイズブック」の中に名前が挙がってる人だ。
オーナーの話によると手元には売り物がないということだった。

ついでに触れると
スラブ/ネストさんで展示してる
ランダーブルーとサンゴのスクォッシュブラッサムのネックレスセット
このティンバーラインターコイズのオーナーから入手したものだ。
そのセットは2つのショウに出品されて4つの賞を受けている。
当時の人気作家による作品だ。

そのランダーブルーのセットと同時に、
76年J.C.Z工房で作られた
ストーミー・マウンテン・ターコイズのペンダントが10点程、
新品デッドストックのまま
このオーナーのコレクションから出てきた。
これらもストーミー・マウンテンという、
その名前の由来である模様を持つ素晴らしいコレクションだ。
問い合わせいただければお見せできるものがあるかもしれない。
by cwdye | 2008-07-06 11:13 | introduction 紹介

スラブ/ネスト ウェブサイト /ピックアップ 

[追記 9月2016]
移転新規オープン
アメ横センタービル2F 10月8日(土)

本文
ネイティブスピリット創業以来20年以上
オリジナル作品やターコイズコレクションをご紹介頂いている
スラブ/ネストさんがウェブ・サイトをリニューアルされている。
ネイティブスピリットの公式サイトのリンクは古いドメインのままなので
そちらを訂正する前にこちらから紹介させていただく。

オールド・ビズビー、オールド・ローンマウンテン、ランダーブルー他
ネイティブスピリットのノートリートメントの
ハイエンドクォリティジェムターコイズはもとより
スラブ/ネストさんで古くから取引のあるジェイソン・タカラをはじめ、
ローレンス・ソフキ、レイモンド・ヤッツィーなどの
有名アーティストの作品もご覧になれる。
シンプルで見やすく綺麗なページになっているので
是非訪問されたい。
スラブ/ネスト
Slob/nest
東京都台東区上野5-22-1-103号
TEL / 03-5812-6669
営業時間 / 12:00~20:00
f0072997_23492492.gif

by cwdye | 2007-05-18 00:10 | introduction 紹介

外周り

製作準備のための臨時休業を利用して
材料の買出しのために下町方面へ出かけた。

帰りにスラブ/ネストさんに立ち寄らせて頂いた。
実は開店当初にお邪魔して以来、久しぶりの訪問になる。
綺麗な店内にネイティブスピリットのコーナーを頂いていて、
ネイティブスピリットのターコイズコレクションが、
整然と綺麗に陳列されている。
あまりの美しさに思わず買いたくなってしまうね。
自我自賛で失礼。
置いて頂くものを少しずつ送っていたから、
集まったその量を目の当たりにして、自分でも感動できるほどだった。
スラブ/ネストさん自身もアメリカでコレクションを集めている。
石中心に思考を展開しオールドスタイルで
スタンダードなものばかりを好む僕にとっても、
スラブさんのセレクションは刺激的で目の保養にもなった。

なんといっても世間に媚びない独自のセレクトだから
それは強味だろう。
ネイティブスピリットとスラブ/ネストさんには共通点も多い。
供にこの業界では創業が約20年前と古く、
同業のライバルもいなかった創業当時からお付き合い頂いているが
その後、後発の業者が頑張ってすることを無視できるおかげで、
僕らは余裕で自信のあるセレクションを持てる。
たとえば「今はXXXXというアーティストが売れている」と聞いても、
それを同じように扱う必要性を全く感じない。
それが自分が好きなものならともかく、
名前だけで飛びつくような真似は絶対にしない。
しかも、皆さんが欲しがるそういうものに飛びつかないだけで
店の個性も強くなるから面白い。

シルバージュエリーというカテゴリーも
迷惑になりかねないブームが一段落して、
ようやくゆっくり楽しめるオトナの時間がやってきた。
ゆっくりいきましょう。
f0072997_1513281.jpg

by cwdye | 2007-03-24 01:52 | journal 記録 日記