ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

タグ:ナバホ ( 15 ) タグの人気記事

home sweet home, what I got /Feb 2017

ナバホの家族の家に到着
久しぶり、というよりほとんど初めてなくらい
クックアウトは無しで
みんなでランチに(牧場じゃなくて昼食の方ね)
f0072997_14353496.jpg
新しいフルサイズトラックはいい!
この後コシイテーのブラザーアルフを伴ってパトロールに
今回教えたのはヒザイテー
まったくジジーになったもんだ オレタチ
この日はスーパーボウルサンデー
クックアウトがなかった代わりに
トラディショナルなBBQでホームパーティ 有難い。
スポーツバーで正体失うのはもういいよ
でもブラザーケビンはどっか突撃してその後不明
「今日はスーパーボウルサンデーだから仕事の話はしない
明日の朝、仕事の話があるから忘れないでくれ」
誰に言ってんだ?
翌朝ケビンは起きなかった…
f0072997_14353599.jpg
ホールマークのレイジーケイが泣いてるよ
スレンダーシルバーメイカーから繋がる
バーンサイドの家族なんだぜ?
なんにもしてないから途絶えてるけど

仕方ないからアーニーに頼むよ
そのアーニーが僕のナバホ父の叔父の弟子なんで
つまりアーニーも家族同然だったわけ
この30年近くで15年くらい前に知ったことなんだけどね

ネイティブスピリットの特別な関係で特権があるから
f0072997_13582935.jpg
こんなものも入荷したりしてる
何が違うかっていうと表を見ればわかる
今回は刻印忘れてないのがわかるけど

お待たせの独自企画ジェミーリスターbyアーニーリスター
f0072997_13581636.jpg
courtesy of Mr.Morimoto

これもお待たせのジェミーリスターbyアーニーリスター
f0072997_13581562.jpg
courtesy of Mr. Yoshida

たまにの緑は安心のキャリコレイクでウェスが優しく
f0072997_13581501.jpg
ブルーダイアモンドでタイトのシンは初めてハイグレードのトップ
f0072997_13581659.jpg

やっちまってない だから夢じゃない ローンマウンテン
f0072997_14353562.jpg
前にお見せしたビズビーの画像
黄色いライトで撮影、ひどい色のモニターで出してるんだけど
皆さんのディバイスではどう見えてるかな?
実物はもちろんトップグレード
f0072997_14355472.jpg
一粒だけじゃなくて ちょっとがんばった

それだけじゃなく
宝石を持つきっかけのために
f0072997_14353504.jpg
デルバートVによるチャングリシカワカンスタイルも

前にクローズでお見せしたデンドライトのローンマウンテンは
f0072997_13582900.jpg
1940年代のブレスレット

この極希少ナンバーエイト5stnブレスも1940年代
f0072997_13581657.jpg
size does matter
f0072997_14353554.jpg
またもcarry on my wayward son (by Kansas)が聞こえたよ
やっちまってない やっちまってない

実は最後の町で約1週間
ゆっくり仕事をするはずが
かつてない量で名家のコレクションが開示されて
それを手配するブラザーネイトと連日
一日に2~3度会ってミーティング
帰国してからしばらく時間かけてやっちまう予定
決心はした。
でも全部は到底無理
長者様だったらよかったんだけどねえ

これから帰って復帰の準備
2月16日(木)から またお会いしましょう

スマートフォンでご覧の方は営業日程が一画面上に出ない
カテゴリ schedules/長期日程NEWS/告知 で日程のご確認を
タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2017-02-12 14:34 | Report 滞在記

home sweet home/on the way 2016Feb

量産ターコイズばかりのイベントは後目に
コレクターと交渉を重ねながら移動

アーニーリスターシショーのところに来ると
額装されたネイティブスピリットの広告
喜んで頂けたようでなによりだけど
f0072997_15371121.jpg













左の絵の人みたいにね
舞い上がっちゃってるから落ち着けって
デシになだめられてるの図みたいだろ?
改めて言っとくけど弟子なんて大そうなもんじゃなくて
デシリットルの方のデシだからね、僕は1/10?

なんかプレゼントしてくれた
うちの家紋はどれだってしつこく聞かれたから
着くまでに作ってくれてるのはわかってたんだけど
丸に一枚鷹の羽 要するに A Hawk Feather
f0072997_15371158.jpg












みなさんのも受け付ける
これ実は銭のまま…FBIどうすんの

この橋を渡るのはあなた?
f0072997_15361269.jpg











ラグのデモは開店休業
f0072997_15361226.jpg












懐かしいダウンタウンでB面通りを探そうとしたけど
それ以上かそれ以下しかなくてC面通りになっちゃった
f0072997_15371182.jpg












でも地元のみんなにはこれだけで
ここがどこかすぐわかった

いつものようにナバホの家族が
ファミリークックアウトを開いてくれたんだけど
今回は屋内だから写真もバラバラ

これは故ナバホ父が作ったブライドル、
和式に言うと頭絡、馬の頭にかけるベルト
それをいちいちジュエリーで作ったセットね。
スペイン軍はこの真ん中に下がる花型のところに
後にインディアンが真似たナジャを付けてたわけ
f0072997_15371189.jpg











うちに譲ってもらおうと相談してた

僕も持ったばかりのモッダーンテックノロジー
セルフィーってやつをナバホ母と
f0072997_15371112.jpg












数年ぶりに再会したブラザーと
嬉しくて仕方ない笑顔で崩れっぱなし
「どうやったら撮れるんだ~」「知るか~」
f0072997_15371137.jpg












この27年一緒に育ったようなもんだもんな(老けた?)
f0072997_15371155.jpg











マヌケなヘラジカにされたケビンは
この晩アスホールになる預言を受けたみたいなもんで
スィートダウンタウンのこんなところで
f0072997_15371084.jpg












こんなこと(スーパーボウルサンデー)のあった夜だから
f0072997_15371197.jpg











しかもバーにいた他の全員(強いて言えば僕も)デンバー側なのに
ナバホの3人だけがNカロライナ側で
最後に頑張ったんだけどダメ押しで潰されたように負けた
その後一軒梯子しただけで
アスホールになったブラザーを家まで届けた
次の朝の朝食をたかられたとき
何も覚えてないって・・・そうだろうよ
完全にアスホール野郎だったからな

バイバイ サンフランシスコ山
f0072997_15371161.jpg












いつものトランクオフィスでトランクビジネス
こんどは間違いないよAさん
ウェスには目出度く虹もかかってるし
f0072997_15361264.jpg











でハローサンディア山
f0072997_15361283.jpg










f0072997_15361280.jpg












初のミュージアムピースになる
偉大な爺様JCザカリーの石をのせた
チャングリシカワカンカスタムブレスレット
無事納品
このあと
ジョーダンロウリー夫妻の夫婦漫才に大爆笑

と情景はこんな感じビジネスはどんな感じ
次回乞う御期待、いや軽く御期待
タグ不完全のためブログ内検索併用推奨


by cwdye | 2016-02-11 17:15 | Report 滞在記

hit the road - on my way 2014夏


今年もアリゾナの太陽
f0072997_14132538.jpg











ぼちぼち
f0072997_14135993.jpg












移動し続けて
f0072997_14141126.jpg











ナバホの家に里帰り
f0072997_14143097.jpg












甥っ子 2ヶ月
f0072997_14151727.jpg













f0072997_14143830.jpg












sacred site not for sale
f0072997_14150586.jpg










憧れのポンプ稼動中
f0072997_14145566.jpg













最近の掲載紙をプレゼント
f0072997_14152920.jpg












ブラザーケビン(右2人目)にオーダーしたジュエリーもまだまだ・・・
f0072997_14153704.jpg











俺の方が速すぎる…のかも
f0072997_14182197.jpg










カフェでブレックファストをとりながら?
f0072997_14184047.jpg










いやいや
f0072997_14185049.jpg











やっぱり仕事はパーキングロットで
f0072997_14185688.jpg













サンディア山が見えたら次の街
f0072997_14190985.jpg










まだまだやっちまってない
f0072997_14191881.jpg












なかなか更新できないまま仕事しながら移動。
ここまでは引き取りよりオーダーが多い。
これからアドビの我が家に引越すとまたネット環境がなくなる。
what I got の更新はいつになるか?

アーニーリスターは9月に来日するけど
ネイティブスピリットには遊びに来るだけ。

ウェスのホットロッドはエンジン換装中
今まで通り600馬力くらいのやつだけどこれで3回目だっけか?

by cwdye | 2014-08-06 15:05 | Report 滞在記

hit the road /夏 2013

出国前の多忙に引き続き現地入りしてからも多忙だ。
旅の始まりは連日45度近くの灼熱の大地から
f0072997_924286.jpg
太陽って燃えてる
f0072997_9351535.jpg
どこまでも
f0072997_9315133.jpg
いつまでも
f0072997_9315929.jpg
続くと思えば
f0072997_9323279.jpg
このあたりでオアシスも
f0072997_9325265.jpg
how do you like them ?
f0072997_933798.jpg
今度は森を目指して
f0072997_9332657.jpg
鉱山を抜けて
f0072997_934257.jpg
家族に再会
f0072997_9341559.jpg
見事にcolors
f0072997_9342426.jpg
歓待の宴
収穫はあるけどもったいぶっとく
一応まだやっちまってはいない、つもり。

滞米中の更新はカテゴリReport 報告
by cwdye | 2013-08-04 12:01 | Report 滞在記

road again / Feb. 2013

週末のデイオフでナバホの家族を訪ねる
f0072997_14582895.jpg
右から2番目の父ちゃん、君もこんなだったんだぞ、と俺も歳を重ねた
f0072997_14592267.jpg
タイニィな二人
グレートグランマのボタンで遊ぶグレートグランドウター
その耳を舐めようと狙うタイニィなブッチ
他にも兄弟たちと再会、連絡を果たして次に移動する。
f0072997_1519492.jpg
毎日 吹雪
f0072997_1584143.jpg
吹雪 氷の世界
f0072997_159840.jpg
冬もいいね手遅れなヤツ
f0072997_15115371.jpg
日本の庭園みたいな風景になることもあるんだな
f0072997_15123815.jpg
サンディアを背にひかえる次の街に

渡米中の更新はカテゴリReport 滞在記
成果はもったいぶってみる
by cwdye | 2013-02-12 15:30 | Report 滞在記

フレームド

先週冬季渡米から帰国して予定通りギャラリーを再開
1週間が経とうとしてる。
再開以来先週末にかけて近県からを含む多くのご来訪をいただいてる。
地方の販売店様からも補充の発注をいただいたり
取材の申し込みもあって すぐに用意に忙しくなりそうだ。
しかも毎年この時期は確定申告なんてのも控えてるわけで
息つく暇がないのも恒例ではある。
それでもお客様の好反応に助けられて
楽しいことこそあれ苦にはならない。

framed
f0072997_1614138.jpg

なんとなく重い腰を上げてラグを額装してみた。
ていうことはまずこれらからFSになる。
L.B. the weaver from Chinle, Navajo Nation
by cwdye | 2011-02-22 16:05 | introduction 紹介

Let's do it again !

またやっちまおうぜ! なんて
オトナがそんなこと言っちゃいけません。
今年2月の滞在記のネタで引用紹介したI've got a feeling
ビートルズじゃなくてブラックアイドピーズのヒット曲の歌詞だ。
歌詞だ、歌詞なんだ、あくまでも。若者向けだけど。

渡米前に何人かのお客様は僕の口から聞いたと思う。
『今回こそラグに手を出さない。』

灼熱地獄みたいな真夏の避寒地にいるコレクターの友達を訪ねて
「今回はダイが喜ぶようなターコイズの出物はない」と
それじゃつまんないから
ラグやバスケットの自慢のコレクションを見せてくれて
解説をつけてもらった。
売買の話と関係なかったレクチャーの後にいきなり
「1940年代以前のラグとしては安いものがあるんだけど見る?」
断る理由は何もない。(やめとけ)
「ちょっと可笑しな模様も入ってて意味がわからないし
それほどの値段がつけられないんだ。
でも、織り手のヤル気も可愛げも感じられるそれなりにいいものだよ」
ていう前置きと値段を聞きながら出されたのがこれ。
f0072997_16334465.jpg

写真があるってことはつまりまたやっちまったなわけだけど
これはいいよ。(また同じこと言う)
この年代のものとしては1/5くらいの価格で収まる。
だからこれも大したやっちまったじゃない、ないんだ。

ところで(どこのところでなんだ?)
有名インディアンジュエリー作家のウェスウィリーが
ネイティブスピリットでアーティストショウをした時に
アクマの囁きを聞いた人がいたと思う。
「買っちゃえ、今買わないとなくなっちゃうよ…」
あれ、本人だけじゃなくて
そこにいたみんなにも聞こえてたと思うんだ。
その場にいなかった方のために書くけど僕はアクマじゃない。

今回予定外、アリゾナでのアートショウに迷い込んで
実は目を奪われたRug in rug styleのラグが2枚あった。
手を出しちゃいけない、自分に言いながら
その場を行ったり来たりして何度目か
戻ってみるとそのラグの1枚を手にした裕福そうな初老のご夫妻
少し青ざめた日焼け髭面長髪色眼鏡Tシャツの僕が遠慮なく近づいて
目の前で逃してしまいそうなことを惜しみながらも
「それ買うんですね?」ですか?じゃなくデスネで聞いた。
もし迷ってる最中で
「君が欲しいなら譲ろう」なんて言われたら
買わなきゃならなくなるだろう?
買われれば諦めもつくさ。
すると係りの人が「ラグに詳しい方?」
僕は「専門はターコイズだけど、ラグも少し」
老人「いいと思うかね?」
僕は太鼓持ちのように「そりゃあもう、スバラシイです」
悔しいけどこれで諦めがつけられる。
「こんなスバラシイものめったに買える機会があるもんじゃない」
自分で買うことを諦めさせるために僕がアクマになってた。
夫妻が決心したらしいことを確認すると
僕は諦めがついてその場を立ち去った。

逃がした魚が大きいことに祭りの後で気付くのは常識。
「買っちゃえ、今買わないとなくなっちゃうよ…」
アクマがいたらそう言っただろうその通りになって
「ああ、惜しいことをした
あの場を離れずもっと早く決心してれば…」って
思うところなんだろうけど僕の思考回路はひねくれた。
「あれは入門者向けだった」
なんだか大きく出ちゃったよ?
「初めて見る人の目を引くにはいいけど
長く見るには残った1枚の方がシブイよな…」
そう思ったら聞こえてきたんだアクマの声が
「買っちゃえ、今買わないとなくなっちゃうよ…」
小さい女の子の声で日本語でしかもキミミラの声そっくり
(陰で糸を引いてたのはトカヘだった)
who was the winner ?
f0072997_16462590.jpg

Rug in rug 3 in 1 (Blue canyon design)
この大胆さとディテイル、素晴らしい!
31in. x 43 1/2 in (79cm x 110.5cm)
何で写真があるんだ?
どうしよう今までのラグで最大かも
(大きいからいいのにどうしようなんて言うところも小心者だ)

ま、僕の人生やっちまったが多いほうじゃないけど
ネイティブスピリットのコピーに使ってる言葉
still remain the same が「まだやってる」だから
だからいいんだ、これで。(誰かの台詞に似てるぞ)

ジュエリーの成果は…まだお見せするほどじゃない。
by cwdye | 2010-08-08 17:01 | Report 滞在記

did it !

ブラザー・ジムの隣に滞在して7日目にそこを発った。
ジムは僕より2日前から来てあと2週間くらい滞在する。
僕が発つ朝ジムを訪ねて前夜の話を聞くと思った通り、
身体中の痛みを訴えてうめいてる。
J「夜中の3時にワッフルハウスで食ったのは初めてだ」
いったいどういう運びでワッフルハウスなんだか、奇行だ。
D「日本で待ってるお客さんのために滞在記を書いてるんだけど、
全米ナンバーワンヒット曲になった
I've got a feeling / (C)BLACK EYED PEASを引用して
いい夜過ごしてるって書いたんだよ」
J「ああ、あの曲は楽しい曲だよな」
D「歌詞思い出せる? 
"出かけて、やっちまったってまで弾けよう"って歌ってるよ」
J「クソ、まったくその通りだ、やっちまったぜ!」
しかもジムは来て以来9日間連続、
ナンバーワンヒットのとおりparty everyday を地で行く
party animalな59歳 still goin' on.  
Oh, yeah !

これは今日のタイトルのための振りの話し。
4日程仕事続けながら移動してナバホの家族の家までたどり着いた。
ここまでにも多くのアーティスト、コレクターに会って
僕は僕で静かで楽しく実のある会食を続けてる。

やっちまったぜ ブラザー
今回我慢できなくて、やっちまったのがこれ。
大したやっちまったじゃないし、ブラザーは余計な楽屋ネタ。
f0072997_14345839.jpg

興味を持ってもらってもなかなかの高価で
ご購入まで至りにくいナバホ・ラグ。
本当は6桁後半から7桁前半のものを置きたいけど、
ネイティブスピリットのメインはなんと言っても
トップエンドのターコイズ・コレクションに尽きる。
ラグにまわす余裕はないからいつも我慢してるんだ。
でも少しはってことで行き過ぎないいいものを見つけたら入手する。
典型的なイメージじゃないかと思うガナードストームだ。
いいラグっていうのは単位が殆ど6桁以上7桁もざら
いいものはいい、上を見たらキリがない。
下を見てキリがあるわけがない。
これ等は価格の割にいい織りで5桁におさまる。
だから大したやっちまったじゃない。

補足しておくと
画像のラグの黒いところに見える1本のグレーの糸、これは大事
(参考までに数日前の滞在記にある画像のラグは7桁半ばから8桁くらい)

やったぜ !
2年前にビズビーを渡したきり
いろいろあって製作が遅れていたブラザー・ケビンのブレスレット。
僕らの夏の里帰りの直後、今度は事故で腰を2か所骨折
座れない日々が続いて今もリハビリに通ってる。
1月からなんとか1~2時間座れるようになって仕事を始めた。
僕が来るのがわかってるから急いで仕上げてくれて
出来上がったばかりのジュエリーがベンチの上にあった。
f0072997_14374116.jpg

やったぜ、CKを寝かせた「レイジーK」が帰ってきた。
この画像じゃ小さくてわからないだろうけど現物はギャラリーで。
面白いのは写ってる小さいテレビの画面、
これ小さいテレビが置いてあるんじゃないよ
鏡が置いてあって後ろにあるテレビを映してるバックミラー
どうしてもテレビ見ながら仕事したいらしい。
それで出来上がったブレスレットには
インディアンジュエリーのトラディショナルなスタンダードが充分息づいてる
by cwdye | 2010-02-09 14:41 | Report 滞在記

our old home of Navajo

day offをとったメキシコとの国境近くの町を出て、
途中で仕事をこなしながら北上、
ラコタへの里帰りに続いて
家族に迎えられて20年来のナバホの家を目指す。
僕にとっては半年ぶり、トカヘや娘たちにとっては1年ぶりの里帰りだ。

our old home of Navajo
エキサイティングだったって記事に書いた
「ジュエリーメーキングに戻ったケビン」に半年後、
1年前の夏に大きめのビズビーでブレスレットを3本オーダーしてあった。
その半年後、今年の冬季渡米時の滞在記でレポートせず
そのまま他のタイトルでも書かずに触れてなかったことだけど、
ナバホのファーザー・フランクは
去年の11月に脳梗塞で倒れてリハビリ中だった。
今回の里帰りではその頃より回復はしてたけどゆっくりで、
10年以上前に患った心臓疾患もあって合併症に悩まされている。

それを助けるためにケビンは忙しく動いてて
今年の冬季渡米の時にまだ出来上がってなかった。
次に会うときまでに最低でも1本は作っておく」って言った通り
半年ぶりに会うと1本が・・・作りかけだった。
しかも、サイズを間違えてたことを申し訳なさそうに言い訳して
作り直しを申し出るんだけど、こっちはもっとイージーだ。
MをSで作ったことくらいどってことない。
出来かけで仕上がってなかったことも驚かない、
最低でも1本は作り始めてた」それで十分な進歩だ。
気にするなブラザー、
君らは赤い道の時間を生きてるニンゲンだし
僕はそこに加えてもらったニンゲンだ

また半年後にちょっと仕上がってるだろう。
うまくすれば今度は3本揃って仕上がってるかもしれない。

何故かホワイトカラー志向で
アルバカーキに行ってたアルフも戻ってきて
過去にもしてた危険な仕事「レポマン」をまた請け負い始めてた。

ファーザー・フランクの娘フラワーと離婚して以来
会うチャンスをニアミスし続けてた最初のブラザーバズ
バズの息子のセリオがその時間のバズの所在を教えてくれて
10年以上ぶりに再会できた。
若々しく元気そうでよかった。
携帯番号もメールアドレスも交換したりできたことが
時代が変わったことを実感させる。

そのセリオ
いよいよ僕の身長を越えて体格もがっしり
ポータブルCDプレイヤーはi-podに換わって
相変わらずヒップホップを聞いてる。
夏休みが終わる前から補習で学校に行かなきゃならないその理由は
なんかやらかした罰だそうだ。
僕も赤ん坊のころから知ってるし、
トカヘもオムツで木馬に跨るセリオの写真を撮ってた。
彼自身の記憶にない昔話で勝手に盛り上がられて
叔父のウドゥンホースに散々からかわれて恥ずかしそうにしてた。
大きくなってもこういうふうに可愛く見えるもんだったんだな。

thanks
いつどこに行っても同じように
ナバホの家でも僕らは
里帰りに合わせてファミリーギャザリングの食事を用意してもらった。
食事の前のナバホの祈りで感極まったマザーが声をつまらせた、
僕らも歳月と繋がりを改めておもいいのる。
みんなと交わすハグに力が籠るようになってきたのも
そんないのりがあるからだろうな。
f0072997_1753045.jpg

この間も
複数のアーティスト、ジョバーとのやり取りがあって
既にいくつかの作品が決まってる。
今回、石が良いだけに留まらず
オールドやビッグネームアーティストの作品も目立つ。
手元にあるものの写真を撮ろうかと思ったけど、
明日以降も作品の引き取りが続くし
ジムの家に移ってからにするかな。
ジムの家にいる10日間はネット環境がないから、
更新するならどこかに出かけなきゃならない

by cwdye | 2009-08-12 17:06 | Report 滞在記

ディネ トラディション

8月16日の記事Dinehの続き

8月14日
ナバホのマザー・メアリーは親類のために四日四晩の儀式をする。
その準備をして夜にはリザベーションの奥の奥地に発つ予定だ。
子供が大きくなって理解できるようになってたら
僕らも祈りに行きたいところだけど
まだ時期じゃない。
僕らは出かける前の準備を手伝うことでも
祈りに参加することができる。


メディスンを用意するために出かけることになった。
娘達は初めてピックアップトラックの荷台に乗っておおはしゃぎだった。
トカへもカメラを持ったまま同行したけど、
この時点で儀式は始まっているから、カメラの出番はなくなる。
ファーザー・フランクリンと従兄弟のナバホと
砂漠の中を走ってメディスンになる木を探す。
どれも同じに見えるんだけど、ちゃんと見分けてるんだな。
砂漠の中に出来た轍を逸れて少し入ったところ
ファーザーは適当な木を見つけて車を停めた。
代々受け継がれてきた儀式用のスクワッシュの柄杓の壊れたものを
捧げものに持ってきた。
メディスンに限らず
マザーアースから何かを「頂くとき」は同時に
マザーアースに何かを「返すとき」でもある。
代々家族の祈りを助けてきたそれを大地に「返す時」になった。
はしゃいでいたワンブリとキミミラもトカへと僕といっしょに
マザーアースに膝をついて触れて
その繋がりに祈った。
祈りの言葉はナバホ語で僕らにはわからない。
ただ、僕らをそこにあらしめる繋がりは確実にある。
それを思うだけで祈りになる。
言葉の祈りが終わると
僕らは立ち上がって木の一部を頂いた。
ワンブリもキミミラ小さな木の枝をトラックの荷台まで運ぶのを手伝った。
彼女たちにはまだわからないだろうけど
それを手伝って運んでいる行動さえも祈りだ。
ファーザー・フランクリンと従兄弟と僕が
枝を折ったり、刃物を当てることも祈りなんだ。

砂漠の中にあるランチの小屋に帰ると
それを加工するためにマザーメアリーが
ホーガンの扉を開けた。
19年前、僕が最初のビジョンを得たホーガンだ。
火を炊いてメディスンを作る準備だ。
メディスンの純度を保つために
種火を熾すにも余計なものは使えない、
熱い砂漠の日中、ホーガンの中で火を絶やさないようにするのは
短時間でも体力を使った気がする。
あとは熾火のまま放置して
切ってきた枝葉が綺麗な灰になるのを待つ。
ほんの僅かでも儀式の準備に参加できてよかった。

家族と別れたとき
トカへはマザー・メアリーの手伝いで作ったナバホ茶の他に
この日作ったメディスンを分けてもらってきた。
米といっしょに炊いてくれるそうだ。
有難い、この日の祈りはしばらく続くことになる。
medicine pt2
メディスン
儀式に出るまで
culture & episode
Dineh
by cwdye | 2008-09-02 08:24 | culture 文化