人気ブログランキング |
ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

クラシックの呼称 中止 変更

ネイティブスピリットターコイズコレクションを
お持ちの方、また興味のある方へ。
普通のインディアンジュエリーをお持ちの方には不要な情報。

長い間使ってきたグレードの呼称「クラシック」の使用をやめる

理由は
ジョーダンロウリーの解説による
「ターコイズのすべてがわかる」雑誌で
一番高いグレードをクラシックとは定義していない
それが明文化されたことが理由。

確かにその通りで
王道の見た目を希少性にあてはめれば
宝石、もしくは宝石級の高グレードは全体の0.1%、1%以下
となれば 量的にみなさんの見る機会も
100人~1000人に一人しか見られないということになる、
片手で数えられる店に行ったことがある方に限られる。
「王道の見た目」は多くの人目に触れて
多くの人に認識されなければ王道とは言えない。
だからたとえばビズビーだとしても
最高級、高級グレードに次ぐミドルグレードがクラシックだと
その本では定義している。
同時に更に多くあって量産に適した
コマーシャルグレードもクラシックとしている。
とてもフェアな定義だ。

売ってしまうと負けになる宝石を売っているとすれば
それが異端で、ネイティブスピリットはその異端。

ということで
これまでクラシックと冠をつけていたものに関しては
「宝石」=「Gem」もしくは「ジェム」に言い換える
「宝石」と言い切るからには
「Gem Quality=宝石品質」「Gem Grade=宝石級」
という「表現の上」だけではなく言い切っているところに
ネイティブスピリットターコイズコレクションへの
ボクの覚悟を込めている。

改めて、グレードに関しては下にあるリンク
そのカテゴリーを辿ってみてほしい。

「クラシック」とは らしさを醸すことを表す
王道の見た目を持つものを意味している。
とはいえその定義は扱う人によって曖昧で
ネイティブスピリットではネイティブスピリットなりの
グレードの基準を定義して使ってきた(下のリンク参照)。
この基準はどこかの雑誌に盗用されたこともあるけど
この基準に当てはまるものをお見せできる業者は
片手で数えきれるほどしかいない。
普通のターコイズに適用したら
自分の首をしめることになりかねない。

たとえば
90年代はClassic Landerなんていう
ランダーブルーのグレードの言い分けもあった。
ところが2000年代に入って
それまで僅かに使っただけで
総量の少ないランダーブルーは更に希少に、
いくつか見た目に違いがあるランダーブルーも
ほとんどがクラシックとして認識されるようになったせいか
その言い分けは使われなくなった。
(ランダーブルーは少ない総量全体で高品質が殆ど
他のターコイズとは違っている)

売ったら負けるのが宝石ターコイズの世界。
これはまた別な機会に

スマートフォンでご覧の方は営業日程が一画面上に出ない
カテゴリ schedules/長期日程NEWS/告知 で日程のご確認を

タグ不完全のためブログ内検索併用推奨

by cwdye | 2019-05-07 20:51 | reference 参考
<< 作品画像、臨時休業5月,6月/... 掲載誌 4月発売 2019(画... >>