人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

still remain the same / NATIVE SPIRIT (R)

native.exblog.jp

negotiator

朝、けたたましくベルが鳴ってた。
前の晩が遅かったせいで身体が起きない。
ホテルの部屋の電話か目覚ましか、携帯か、
寝ぼけて区別がつかないままベルは鳴り止んだ。

しばらくするとまた同じ音が鳴った。
そうだ、あの音は俺の携帯の音だ。
かみさんが充電しておいた携帯を取った。
昨日メールで連絡を取り合った件で
早速会いたいという返事だった。

ベッドから起きてかみさんが入れたコーヒーを飲みながら
身支度を整えていると再び携帯が鳴った。
押しつぶしたような声が聞こえる。

「そっちの用意はできてるだろうな?
こっちはブツを用意して遣いの者に持たせた。
小一時間でそっちに着くはずだ」

程なくして
黒ずくめで黒いブリーフケースを下げた「遣いの者」が
ホテルのロビーにやってきた。
周囲に怪しまれないように
平静を装って隅のソファで取引を始めた。
negotiator_f0072997_17451544.jpg

「ロイストンか・・・
月並みだがこの値段なら悪くない。
この7石のモレンシはなかなかの上物だ。
値段もいいが、出す価値はある。
これがクリプル・クリーク?
面白い、これももらおうじゃないか」

黒服の相手は支払い方法を確認してきた。
そこで俺は無言でポケットに手をつっこむと
無造作に握った札束を見せて
「これで足りるだろう」
と言って不敵に笑ったその時
「Shit ! 」
運悪くそこへ制服のセキュリティがやってきた!
無線で応援を呼んでいる・・・さあ、どうする!?


冬の出張中のdeal
同じような脚色で書いてみた嘘のような本当の話。
コンテのように写真を撮らなかったから
前回の漫画みたいには出来なかった。

実は前の晩のメールで
「ジュエリー代はカジノで稼ぐ」と宣言した通り
僕のギャンブルはせこいから小勝ちの勝ち逃げで負けが少ない、
ジャックポットで本当に現金を用意できてたんだ。
それをポケットから出して支払おうという時に
カジノのセキュリティが現れて
ホテルのロビーでの商売は禁止されていると言ってきた。
警察に通報されそうになりながら、
無断で一方的な営業ではなく
双方同意の正式な商談であることを柔らかく主張しながら
速やかに商談を終わらせて穏やかに事を収めた。

「遣いの者」はナバホの有名ジュエリーアーティストの息子。
少年の頃から知ってる、しっかりした良い若者だけど
この前までヒップホップのスターで
当然、ギャングのようなかっこでツアーしてた。
今回、黒尽くめだったけど
ギャングのかっこじゃなかったから良かったかも知れない。

更新する間がなかったから書いてないけど
ここのところトラブル続きだったから
問題が増えなくてほっとしたよ。

そんなわけで
今日コロラド最後の朝、
いくつかのジュエリーを仕入れてから、
さらにニューメキシコに入って数点仕入れ、
その後、アリゾナからユタに入って
子供達にほんの一瞬モニュメントバレーを見せて
すぐアリゾナに戻り、
ナバホの家族がいる近くの町まで走った。
結局、今日の走行距離も400マイル(640km)也。

ここで数日、里帰りを兼ねてじっくり仕事をする。
by cwdye | 2008-08-12 17:53 | Report 滞在記
<< pull over to th... Rockies >>